音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Eye To Eyeの1982年のアルバム『Eye To Eye』。
Eye To Eye / Eye To Eye (1982年)
Eye To Eyeはイギリス人の男性キーボーディストであるJulian Marshallとアメリカ人の女性シンガーであるDeborah Bergによるユニット。本作は、Eye To Eyeのファースト・アルバムである。

Julian Marshallは以前にもMarshall Hainという男女ユニットを組んで活動しており、78年に『Free Ride』というAOR作を残している。従って、このEye To Eyeは2度目の男女ユニットということになる。

本作のプロデュースは、Steely Danのプロデューサーとして知られるGary Katzが担当した。また、本家のDonald Fagen(sy)やElliott Randall(g)を始め、Chuck Rainey(b)やJeff Porcaro(ds)など、Steely Danのアルバムに馴染みのプレイヤーが参加しており、本家に劣らぬクールな質感のサウンドになっている。

全曲が二人のオリジナルで、このうちポップでキャッチーな「Nice Girls」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの37位をマークした。

この曲の終盤のクールなシンセはDonald Fagenのようだが、実際はIan Underwood。Donald Fagenはラストの「On The Mend」のみに参加し、終盤で「I.G.Y.」を彷彿とさせる知的なシンセ・ソロを弾いている。

Jeff Porcaroは6曲(1-3, 5-7)でドラムスを担当した。「Progress Ahead」でのシャッフルは、Steely Danの「Home At Last」のPurdieシャッフルを思わせる。

Deborah Bergの透明度の高い美声にはどこかミステリアスな響きがある。Eye To Eyeのサウンドが幻想的で、独特の緊張感を持っているのは彼女の歌声によるところが大きいだろう。

このアルバムの淡い色彩のジャケットも幻想的。右下の隅をよく見ると、淡いピンクの字で「あぃ とぅ あぃ」と控え目に書かれており、ほっこりする。

●収録曲
1. Hunger Pains - 4:01
2. Life In Motion - 4:17
3. Nice Girls - 5:11
4. More Hopeless Knowledge - 4:09
5. Progress Ahead - 3:50
6. Physical Attraction - 4:26
7. Time Flys - 5:11
8. On The Mend - 4:24


◆プロデュース: Gary Katz

◆参加ミュージシャン: Julian Marshall(k), Deborah Berg(vo)
with Rick Derringer/Elliott Randall/Dean Parks(g), Donald Fagen(sy), Ian Underwood(k), Chuck Rainey/Abraham Laboriel(b), Jeff Porcaro/Jim Keltner(ds), Starz Vanderlocket(per), Timothy B. Schmit(bv)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/10/28 17:00 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
コメント
まだまだ知らないAOR盤が沢山あります。凄い蘊蓄に感心します。
(PS)一般記事で「ビートルス来日で華開いたグループサウンズ特集」(後編)&「ロック殿堂ミュージアム」(有楽町)のレポートを公開しました。次回の洋楽編はビートルス「マジカルミステリーツアー」50周年特集を掲載します。
2017/10/28 21:05 ローリングウエスト URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは

ロックの殿堂ジャパンミュージアムに行かれたのですね! 私も行きたくなりました。来年の3月11日までの開催ですね。
今は、以前に書いたAORの記事をブラッシュ・アップしているところです。しばらく続けようと思います。
2017/10/29 17:47 Warm Breeze URL















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/416-93185f50
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Ben Sidran / The Doctor Is In 2018/07/19
AOR名盤(1985年) - Michael McDonald / No Lookin' Back 2018/07/17
AOR名盤(1981年) - John Valenti / I Won't Change (女はドラマティック) 2018/07/15
AOR名盤(1978年) - Bill LaBounty / This Night Won't Last Forever 2018/07/12
AOR名盤(1981年) - Gino Vannelli / Nightwalker 2018/07/10
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』y240.exblog.jp