音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Carole Bayer Sagerの1977年作『Carole Bayer Sager / 私自身』。
Carole Bayer Sager / Carole Bayer Sager (私自身) (1977年)
Carole Bayer Sagerはニューヨーク生まれの作詞家。
自身のアルバムは3枚残しており、本作はファースト・アルバムである。

Melissa Manchesterと2曲(1, 10)、Peter Allenと3曲(3, 6, 9)、Bruce Robertsと3曲(5, 7, 8)を共作しており、このうち7, 8については、共作者にBette Midlerの名前もある。

Melissa Manchesterと書いた2曲は、共に静かで穏やかな曲。
「Home To Myself / 私自身」は、Melissa Manchesterの73年のデビュー・アルバム『』のタイトル曲であり、「Come In From The Rain / 雨に想いを」の方は、Melissa Manchesterの76年のアルバム『』の収録曲だ。

Peter Allenと共作した曲のうち、「Don't Wish Too Hard」はポップで軽やかなナンバー。「I'd Rather Leave While I'm In Love/ 愛しているからさよならを」の方は、優美な極上のバラードである。Peter Allen自身も79年のアルバム『』で、この2曲を歌っている。

「愛しているからさよならを」は他の女性アーティストも取り上げた人気曲で、Dusty Springfieldが同年のアルバム『』で、Rita Coolidgeが79年のアルバム『』で、この曲を歌った。

「You're Moving Out Today / おかしな恋人」は、戯曲のようなアレンジが施された愉快な曲。Carole Bayer Sagerの初々しい感じのスキャットが微笑ましい。デビュー・アルバムとは言え、この時の彼女は30歳なので、初々しいというと失礼だが…。なお共作者のBette Midlerも、同年のアルバム『』でこの曲を歌っている。
Carole Bayer Sager / Carole Bayer Sager (私自身) (バック・カヴァー)

Carole Bayer Sagerの歌声はハスキーなウィスパー・ヴォイス。歌うというより、訥々と語りかけるようなスタイルが独特で、チャーミングだ。『私自身』という邦題の通り、何だか親密な感じを覚えるアルバムである。

このアルバムは、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから、2016年9月に高品質SHM-CDで再発された。セカンド・アルバム『...TOO』も10月に再発されており、併せてお薦めだ。

●収録曲
1. Come In From The Rain / 雨に想いを - 2:48
2. Until The Next Time / ネクスト・タイム - 3:30
3. Don't Wish Too Hard - 4:04
4. Sweet Alibis - 3:46
5. Aces - 3:20
6. I'd Rather Leave While I'm In Love / 愛しているからさよならを - 2:48
7. Steal Away Again - 4:16
8. You're Moving Out Today / おかしな恋人 - 3:33
9. Shy As A Violet - 3:06
10. Home To Myself / 私自身 - 2:48


◆プロデュース: Brooks Arthur

◆参加ミュージシャン: Carole Bayer Sager/Bette Midler/Tony Orlando(vo), Bruce Roberts/Melissa Manchester/Peter Allen(p, bv), Marvin Hamlisch(p), Lee Ritenour/Thom Rotella(g), Lee Sklar/Will Lee(b), Jim Keltner/Roy Markowitz/Russ Kunkel(ds), Johnny Vastano/Brenda Russell(bv), Paul Buckmaster(string ar), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/09/19 18:29 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/422-ff047465
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター