音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Carole Bayer Sagerの1978年のアルバム『... Too』。
Carole Bayer Sager / ... Too (1978年)
Carole Bayer Sagerはニューヨーク生まれの作詞家。Melissa Manchesterの「Don't Cry Out Loud」(78年, 米10位)、Christopher Crossの「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」(81年, 米1位)、Dionne & Friendsの「That's What Friends Are For」(85年, 米1位)、Patti LaBelle & Michael McDonaldの「On My Own」(86年, 米1位)など、数々の名曲、ヒット曲を生んでいる。

自身のアルバムは3枚を残しており、この『... Too』はセカンド・アルバム。77年の1作目『私自身』に続いて、Brooks Arthurがプロデュースを担当し、共作者の顔ぶれもほぼ同じ。Melissa Manchester(1, 3)、Peter Allen(5)、Bruce Roberts(4, 9, 10)、Marvin Hamlisch(6)、Johnny Vastano(7)となっている。

本作の変化は、これにDavid Fosterが加わり、2曲(2, 8)を共作したこと。また、Alice Cooperも1曲(4)を共作。更に、TOTOのSteve Lukather(g), David Hungate(b), Jeff Porcaro(ds)や、Jay Graydon(g)、Michael McDonald/Bill Champlin(bv)等、油の乗ったミュージシャンがサポートしたことで、サウンドの艶っぽさが増している。

その好例が、David Fosterと共作した「It's The Falling In Love / 恋をしましょう」。華やいだメロディのポップなナンバーで、Michael Jacksonが79年の名盤『』で、この曲をいち早くカヴァーした。

David Fosterのもう1曲、「I Don't Wanna Dance No More / 踊りたくないの」も、Jerry HeyのホーンやBill Champlinのホットなバック・ヴォーカル、Jeff Porcaroのグルーヴ感抜群のドラムスにより、爽やかなダンス・チューンになっている。

全体的にはファースト・アルバム同様、詩情豊かなバラード系の曲で固められており、優しさ溢れるアルバム。耳元で囁くようなCarole Bayer Sager独特の歌唱スタイルも、とても親密感がある。

1曲目の「To Make You Smile Again / 微笑をもう一度」はクラシカルな雰囲気漂うしっとりした曲で、ストリングス・アレンジをDon Costaが担当した。Melissa Manchesterも同年のアルバム『Don't Cry Out Loud』で歌っているが、そちらではLeon Wareがリズム・アレンジを担当し、ボサノヴァ感覚の華やかな曲に仕上げている。個人的にはMelissa Manchesterのバージョンの方が好みかな…

通常、レコードのA面は "Side One" 、B面は "Side Two" であるが、このアルバムでは、B面が "Side Too" になっている。その心は、、、ちょっと分からない。

●収録曲
1. To Make You Smile Again / 微笑をもう一度 - 3:03
2. It's The Falling In Love / 恋をしましょう - 3:55
3. Peace In My Heart - 3:26
4. Shadows - 2:12
5. You're Interesting / わがままな恋 - 3:58
6. There's Something About You / 魅せられて - 2:46
7. It Doesn't Add Up - 4:08
8. I Don't Wanna Dance No More / 踊りたくないの - 3:51
9. One Star Shining - 3:35
10. I'm Coming Home Again - 4:42


◆プロデュース: Brooks Arthur

◆参加ミュージシャン: David Foster(ar, k), Marvin Hamlisch(ar, k), Melissa Manchester(k, bv), Bruce Roberts(k), Craig Doerge(k), Jay Graydon/Steve Lukather(g), Lee Sklar/David Hungate(b), Russ Kunkel/Jeff Porcaro(ds), Michael McDonald/Bill Champlin/Brenda Russell/David Lasley(bv), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2018/08/09 12:02 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(2)
コメント
敬愛するキャロル
こんにちは。
キャロル・キングも大好きですが、こっちのキャロルも大好きです。特にバート・バカラックと組んだ次作がお気に入りです。
本作ではやっぱりフォスター絡みの2曲ですかね。「It's The Falling In Love」はマイケル・ジャクソンもカバーしたし、キャロルの中では一番有名な楽曲かもしれませんね。
でも私はもう1曲の「I Don't Wanna Dance No More」の方がジェフ・ポーカロがドラムを叩いているので、大好き。ギターはルークとジェイ・グレイドン。AOR全盛の音ですね。
キャロルといえばブルース・ロバーツとの共作でもいい曲あります。本作のエンディングのバラード、「 I'm Coming Home Again」もそのうちの1曲。
キャロルも3枚しかソロ作品がないというのが残念。もっと発表して欲しかった。
2018/08/09 15:43 240 URL [ 編集 ]
Re: 敬愛するキャロル
240さん、こんにちは

私も、バカラックとの熱々な感じが溢れ出ている次作『Sometimes Late At Night / 真夜中にくちづけ』は大好きです。次作には、マイケル・ジャクソンもバック・ヴォーカルで参加してますね。「I'm Coming Home Again」も確かにいい曲。バカラックやブルース・ロバーツ、ピーター・アレンなど、優れた作曲家に恵まれてますね。
2018/08/09 18:32 Warm Breeze URL















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/423-b566b0eb
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ