音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Larsen-Feiten Bandの1982年作『Full Moon』。
Larsen-Feiten Band / Full Moon
本作は、Larsen-Feiten Bandのセカンド・アルバム。
Larsen-Feiten Bandは、キーボーディストのNeil LarsenとギタリストのBuzz Feitenを中核とするバンド。
Art Rodriguez(ds), Lenny Castro(per), Willie Weeks(b)を併せた5人組で、ファースト・アルバム『Larsen-Feiten Band』を1980年にリリースしている。

ファースト・アルバムはTommy LiPumaによるプロデュースで、洗練されたR&B/ブルー・アイド・ソウルを聴かせる渋いアルバムとして、フュージョンやAORのファンに人気が高い。

セカンド・アルバムの本作も、前作に続いてTommy LiPumaがプロデュースを担当した。
ジャケットの写真を見ると、メンバーの方は、Willie Weeksが抜けて4人になったようである。
Larsen-Feiten Band / Full Moon (バック・カヴァー)
落ち着いたグルーヴとほろ苦いメロディ。
FeitenのドライなギターにLarsenのキーボードが華やかさを添える、洒落たサウンド。
デビュー作でリスナーを魅了したLarsen-Feiten Bandの良さ・味わいは、そのまま本作に受け継がれている。

収録された8曲は、インストゥルメンタルが4曲(2, 4, 6, 8)、ヴォーカル曲が4曲(1, 3, 5, 7)というバランス。
曲作りに関しては、インスト曲をNeil Larsenが、ヴォーカル曲をBuzz Feitenがリードしたようだ。
また、全てのヴォーカル曲で、Buzz Feitenがリード・ヴォーカルを取っている。

レゲエ調の「Standing In Line」や、ラテンのリズムを取り入れた「Little Cowboys」もあり、前作よりもサウンドの色合いが多彩になった感がある。

Larsen-Feiten Bandとしては、これが最後のアルバムとなってしまった。
なお、Larsen-Feiten Bandとしたが、このアルバムの名義は "Full Moon featuring Neil Larsen & Buzz Feiten" である。

Full Moonというバンドは、70年代初頭にニューヨークで活動した5人組。
Neil LarsenとBuzz Feitenが在籍し、唯一のアルバム『Full Moon』を残して解散した伝説の名グループだ。
その "Full Moon" の名前が復活した形だが、オリジナルのFull MoonとはLarsenとFeiten以外のメンバーが異なり、音楽的にも風合いが異なる。
ただ、Larsen-Feiten BandのルーツがFull Moonであることは間違いないだろう。

このアルバムは、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズの第2弾として、10月19日に高品質SHM-CDで再発された。ファースト・アルバムも、同じシリーズから9月21日に再発されている。
また、オリジナルFull Moonの名作『Full Moon』のCDとレコードも、8月24日に最新リマスタリングで再発されており、お薦めだ。

●収録曲
1. Phantom Of The Footlights - 4:27
2. The Visitor / 訪問者 - 4:28
3. Twilight Moon - 3:56
4. Sierra - 4:34
5. Brown Eyes - 4:17
6. Heroes's Welcome - 4:28
7. Standing In Line - 4:06
8. Little Cowboys - 3:58


◆プロデュース: Tommy LiPuma

◆参加ミュージシャン: Neil Larsen(k), Buzz Feiten(g, vo), Lenny Castro(per), Art Rodriguez(ds)
with Willie Weeks/Jim Haslip(b), David Sanborn/Jim Horn(sax), Bill Reichenbach/Chuck Findley(tp), Larry McNally/Vernon Porter(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/09/25 17:27 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
コメント
御礼
こちらへのご来訪ありがとうございました!こちらのお気に入り登録をさせて頂きましたので今後ともよろしくお願いいたします。洋楽記事は第29編に更新、今度は80年代のパットベネターの記事を公開。一般記事ももしご興味に合うようでしたら楽しみにお待ちしております。
2016/09/25 21:57 ローリングウエスト URL [ 編集 ]
Re: 御礼
お気に入り登録ありがとうございました。
私の方も、ローリングウエストさんのブログ『ローリングウエスト(^-^)>♪逍遥日記』へのリンクをサイド・バーに置かせていただきました。
一般記事の方も拝見させていただきます!
2016/09/25 23:22 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/427-bc7fcbb5
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター