音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Rickie Lee Jonesの1981年のアルバム『Pirates』。
Rickie Lee Jones / Pirates (1981年)
Rickie Lee Jonesはシカゴ生まれのシンガー・ソングライター。彼女は19歳の頃からロサンゼルスのバーやクラブで歌うようになり、25歳の時にレコード・デビューを果たす。そのデビュー・アルバム『浪漫』(79年)からは「恋するチャック」のヒット(米4位)が生まれ、アルバムもチャートの3位を記録。翌年のグラミー賞では、彼女が「Best New Artist」を受賞した。

本作『Pirates』はセカンド・アルバム。前作に続いて、Russ TitlemanとLenny Waronkerがプロデュースを担当し、前作よりもジャズ色を強めて、全体をクールに仕上げている。参加ミュージシャンの名前にもジャズ/フュージョンの名手が並ぶ。

収録された8曲は全てRickie Lee Jonesのオリジナルだが、このうちの2曲(4, 7)は、各々David Kalish、Sal Bernardiとの共作。Sal Bernardiは、当時の彼女のボーイ・フレンドのようだ。

彼女の歌声は自由奔放。クールでいなせに歌うかと思えば、ナイーヴに、フラジャイルに歌ったり、時おり女っぽい表情を見せたりと、移ろう。彼女の歌声のように、曲のテンポやムードも変わるが、腕達者なバック・ミュージシャンがしっかりサポートしている。

彼女の歌をじっくり聴かせる瑞々しい曲が多い中で、ビートらしいビートがあるのは、「Woody and Dutch on the Slow Train to Peking」とタイトル曲の「Pirates」ぐらい。「Woody and Dutch on the Slow Train to Peking」は、フィンガー・スナップを使ってドゥーワップ調に歌う賑やかな曲。「Pirates」は、シャッフルやクールなホーンがSteely Danみたいに洒落た曲。実際、この曲ではDonald Fagenがシンセを弾いている。

ボーイ・フレンドのSal Bernardiと共作した「Traces of the Western Slopes」は8分の大作。静かながらドラマティックな展開を見せる曲で、歌詞に出てくるE.A. PoeはEdgar Allan Poe(エドガー・アラン・ポー)だろうから、影響を受けたか参考にしたのだろう。

このアルバムはBillboard 200チャートの5位となり、デビュー作に続いてトップ10入りを果たした。フロント・カヴァーには、ハンガリー出身でパリで活躍した写真家Brassaï(ブラッシャイ)の76年の写真が使われている。街角の恋人たちの親密で幸せそうな一瞬を撮ったモノクロ写真。バック・カヴァーでは、Rickie Lee Jonesが可憐にポーズを決めている。
Rickie Lee Jones / Pirates (バック・カヴァー)

●収録曲
1. We Belong Together - 4:59
2. Living It Up - 6:23
3. Skeletons - 3:37
4. Woody and Dutch on the Slow Train to Peking - 5:15
5. Pirates (So Long Lonely Avenue) - 3:50
6. A Lucky Guy - 4:14
7. Traces of the Western Slopes - 8:00
8. The Returns - 2:20


◆プロデュース: Russ Titleman, Lenny Waronker

◆参加ミュージシャン: Donald Fagen/Neil Larsen/Russell Ferrante(k), Buzzy Feiten/Dean Parks/Steve Lukather(g), Chuck Rainey(b), Steve Gad/Art Rodriguez(ds), David Sanborn/Tom Scott(sax), Randy Brecker(tp), Lenny Castro/Victor Feldman(per), Sal Bernardi(vo, harmonica), Leslie Smith/Arno Lucas(bv), Nick DeCaro(string ar), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2018/08/14 16:12 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/428-04e705d5
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ