音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Bruce Hibbardの1980年のアルバム『Never Turnin' Back』。
Bruce Hibbard / Never Turnin' Back (1980年)
Bruce HibbardはアメリカのCCM(Christian Contemporary Music)シーンで活動したシンガー・ソングライター。ファースト・アルバムは1977年に出されており、本作はセカンド・アルバム。CCMのアルバムにはAORテイストのものが多く、このアルバムもAORきっての名盤として紹介されることの多い人気盤である。

この年にフュージョン・グループのKOINONIAを結成するHadley Hockensmith(g), Bill Maxwell(ds), Harlan Rogers(k), Dean Charts(g)が参加しており、安定感のある粋な演奏に気分も上がる。ちなみにDean Chartsは、Dean Parksの別名。

プロデュースを担当したHadley Hockensmithは、曲に関しても10曲中の8曲をBruce Hibbardと共作。リラックスした爽やかなメロディの曲ばかりで、暗い曲がない。オープンカーを走らせながら笑顔を交わすセピアのジャケットのように、のどかで幸せな音景が次から次へと広がる極上のサウンドだ。

Bruce Hibbardの歌声には陽だまりの暖かさと安らぎがある。清潔で伸びやかな女性バック・ヴォーカルはKelly Willardで、Bruce Hibbardの声との相性はばっちり。軽快な「You Are So Good To Me」を聴くと心がはずむし、ジャケットの影響もあって、ドライヴの際には重宝した。

「Forgiven」はImperialsの前年のアルバム『One More Song For You』で歌われており、そちらはホーンを取り入れたややファンキーな仕上がり。「All Of Me」ではSweet Comfort BandからBryan DuncanとRandy Thomasが参加して、sweetでcomfortなコーラスを添えている。

2000年には20年ぶりのサード・アルバム『』をリリース。その後も、『』(2008年)、『』(2013年)と、アルバムを出している。最近の活動については、Bruce Hibbardのサイト(brucehibbard.com)やブログ(hibbyblog.blogspot.jp)をどうぞ。

●収録曲
1. Never Turnin' Back - 3:12
2. Calling - 4:19
3. You'll Never Let Me Go - 4:14
4. It's a Shame - 3:16
5. You're So Good to Me - 4:30
6. Forgiven - 3:02
7. Straight and Narrow - 3:13
8. All Of Me - 3:46
9. Love Will Always Make A Way - 4:12
10. We Are All His Children - 4:36


◆プロデュース: Hadley Hockensmith(g, b, bv)

◆参加ミュージシャン: Bruce Hibbard(vo, k), Dean Charts(g), Harlan Rogers(k), Bill Maxwell(ds), Keith Edwards(ds, per), Kelly Willard/Bryan Duncan/Randy Thomas(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/02/01 18:16 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(2)
コメント
AORの名盤ですね。
こんばんは。
これ、大好きなんですよ。
トップの「Never Turnin' Back」の心地よさは格別ですね。
初めて③「You'll Never Let Me Go」を聴いたときは、結構感動しました。典型的なメロウなAORで、こんないい曲を書く人が居たんだと思ったものです。
シャッフルビートの「You Are So Good To Me」もGood!
実はKOINONIAやブルースの他のアルバムを聴いたことがありません。これらって、いいアルバムなんですかね。
2018/02/03 18:15 240 URL [ 編集 ]
Re: AORの名盤ですね。
240さん、こんにちは

クオリティの高いアルバムですよね。240さんのブログ記事も拝見しましたよ~。
ブルースの1枚目はアコースティックなCCMという感じです。3作目以降は本作の路線を継いでいるようですが、私はCDを持ってないです。KOINONIAのアルバムはとても聴きやすいですよ。89年リリースの4作目『Koinonia』がAOR路線でお薦めです。
2018/02/04 17:04 Warm Breeze URL















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/43-743b82b4
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Player / Spies Of Life 2018/07/22
AOR名盤(1977年) - Ben Sidran / The Doctor Is In 2018/07/19
AOR名盤(1985年) - Michael McDonald / No Lookin' Back 2018/07/17
AOR名盤(1981年) - John Valenti / I Won't Change (女はドラマティック) 2018/07/15
AOR名盤(1978年) - Bill LaBounty / This Night Won't Last Forever 2018/07/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』y240.exblog.jp