音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Jackie Lomaxの1977年のアルバム『Did You Ever Have That Feeling?』。
Jackie Lomax / Did You Ever Have That Feeling? (1977年)
Jackie Lomaxはイングランド出身のシンガー・ソングライター。The Beatlesの設立したApple Recordsからデビューしており、そのデビュー・シングルがGeorge Harrisonの作/プロデュースであることや、デビュー・アルバムの『Is This What You Want?』(69年)もGeorgeのプロデュースであることから注目を集めた。

本作は5枚目のソロ・アルバム。Apple Recordsからのデビューは話題先行で不発に終わっており、2作目以降は渡米してレコード会社も移籍。本作はCapitol Recordsからのリリースである。ソウル・ミュージックへの憧れをストレートに表した内容で、メロウ、グルーヴィ、ファンキーの3要素を揃えた気持ちのいいアルバムだ。Capitol Recordsに移籍した前作『』から打ち出した路線であり、私は未聴だが前作は "英国のNed Doheny" と謳われる充実作らしい。

収録された9曲は全てJackie Lomaxのオリジナル。参加ミュージシャンにはJeff Beckとの活動で知られるMax Middletonの名前もあり、メロウな「Fine Lines」「Floating」の2曲ではドリーミーなMoog Synthesizerを弾いている。

「Part Of My Life」と「Room To Move」は白眉の出来。「Part Of My Life」のメロディやグルーヴは、まるでBoz Scaggsの「Lowdown」。Bozのような艶っぽさはないものの、爽やかで気持ちのいいナンバーだ。

続く「Room To Move」では、イントロの軽やかなフルートや温もりのあるメロディがErik Taggの77年の名作『Rendez-Vous』の収録曲を思わせる。とてもメロウでグルーヴィ。

ストリングスの使い方がビートルズのような「Only Fools (Fools Paradise)」を聴くとApple Records出身という感じがする。手の込んだカヴァー・アートも『Revolver』のイラストを手掛けたKlaus Voormannの制作。中身の音楽に必ずしもマッチしないが、見事なイラストだ。
Jackie Lomax / Did You Ever Have That Feeling? (バック・カヴァー)

このアルバムはユニバーサルの「名盤発見伝」シリーズから2016年9月にSHM-CDで再発されている。前作『Livin' For Lovin' / 愛ある世界』のCDも同時に発売されており、併せてお薦め。

●収録曲
1. One-Of-A-Kind - 3:45
2. Just A Little Bit-O-Your Love - 4:30
3. Soul Light - 4:08
4. Only Fools (Fools Paradise) - 2:43
5. Fine Lines - 2:40
6. Part Of My Life - 3:56
7. Room To Move - 3:56
8. Floating - 4:04
9. I Don'Wanna Live Without You - 5:24


◆プロデュース: Bob Manaco

◆参加ミュージシャン: Jackie Lomax(vo, g)
with Al Ciner(g), Ron Stockert(ar, k), Max Middleton(k), Marty David(b), Andre Fisher/Bugs Pemberton(ds), Jimmy Roberts(sax), Gene Dinwiddie(sax, flute), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2018/03/12 17:18 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/432-e23e9d22
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ