音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Playerの1978年作『Player / ベイビー・カム・バック』。
Player / Player (ベイビー・カム・バック)
Playerは、米ロサンゼルスで1976年に結成されたロック・バンド。リード・ヴォーカルとギターを担当するPeter Beckettが中心となり、メンバーを変えながら現在も活動している。
70年代、80年代、90年代に2枚ずつスタジオ・アルバムを残しているが、最新アルバムは2013年であり、アルバム制作に関しては寡作である。

本作は、Playerのデビュー・アルバム。
このアルバムから、Playerの代名詞となるヒット曲「Baby Come Back」が生まれた。

「Baby Come Back」は、AORを代表する名曲の1つでもある。
甘く切ないメロディとメロウなサウンド。爽やかなハーモニー。
一度聴いたら忘れないどころか、昔から知っているような心地になるキャッチーな曲だ。
哀愁漂うエンディングのギター・ソロも、格別の味わいがある。

この曲はファースト・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの1位となる大ヒットを記録した。
良い意味で、Playerと言えば「Baby Come Back」であり、この1曲により、Playerは長く語り継がれるバンドになった。

本作の収録曲は、彼らのオリジナルが8曲、外部のライターの曲が2曲(6, 10)というバランス。
オリジナルの8曲のうち、8と9の2曲は、Olivia Newton-Johnの1981年の大ヒット「Physical」の作者として知られるSteve Kipnerとの共作だ。
Steve KipnerとPeter Beckettは親交があり、Playerの結成前に、Skybandというバンドで活動していた。

また、本作からのセカンド・シングルは、爽やかな「This Time I'm In It for Love」。
こちらもBillboard Hot 100チャートの10位をマークし、2曲目のTop 10ヒットとなった。

Playerの1982年の4作目『Spies Of Life』も、AORシーンでは人気が高い。こちらは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから、今年の8月にCDが再発された。甘くほろ苦いメロディと爽やかなサウンドというPlayerの持ち味は残しつつ、80年代の洋楽の香りもするバランスの良いアルバムだ。

●収録曲
1. Come On Out - 3:43
2. Baby Come Back - 4:10
3. Goodbye (That's All I Ever Heard) - 3:44
4. Melanie - 3:39
5. Every Which Way - 3:34
6. This Time I'm In It for Love - 4:20
7. Love Is Where You Find It - 4:00
8. Movin' Up - 2:50
9. Cancellation - 4:07
10. Trying To Write a Hit Song - 4:36


◆プロデュース: Dennis Lambert, Brian Porter

◆参加ミュージシャン: Peter Beckett(vo, g), J.C. Crowley(k, g, vo), Wayne Cook(k), Ronn Moss(b, vo), John Friesen(ds)
with Jay Lewis(g), Michael Omartian(k), Jim Horn(sax), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/10/26 19:34 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/443-42d9e8aa
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター