洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Lee Ritenour / RIT (1981年) - アルバム・レビュー

2019年12月21日
AOR名盤(1981年) 5
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Lee Ritenourの1981年のアルバム『RIT』の紹介です。
Lee Ritenour / RIT (1981年)
Lee RitenourはLA出身の人気ギタリスト。70年代にセッション・ギタリストとして活動をスタートし、1976年に『』でソロ・デビュー。90年代にはBob James(k), Nathan East(b), Harvey Mason(ds)とFourplayを結成して活動するなど、ジャズ/フュージョン・シーンを中心に活躍している。

この『RIT』は10枚目のソロ・アルバム。最初の4曲がヴォーカル曲になっており、そこでは無名の実力派だったEric Taggがヴォーカリストとしてフィーチャーされている。

Eric Taggは、今やAORやフリー・ソウルにおいて人気のあるミュージシャン。アメリカ生まれだが、20歳の時にオランダで音楽活動を始め、最初の2枚のアルバムをオランダで発表している。1作目の『Smilin' Memories』(75年)にはLee Ritenourがギタリストとして参加しており、それが『RIT』でのEric Taggの起用につながった。

Eric Taggはソングライターとしても非凡な才能を発揮している。1曲目の「Mr. Briefcase」では、作詞・作曲をEric Taggが担当。颯爽としたAORナンバーで、Eric Tagg(vo), Lee Ritenour(g), David Hungate(b), Jeff Porcaro(ds), David Foster(k)による演奏もフレッシュ。

続く「(Just) Tell Me Pretty Lies」と「No Sympathy」では、作詞をEric Tagg、作曲をLee Ritenourが担当。「Tell Me Pretty Lies」がファンキーなディスコ調なのに対し、「No Sympathy」はムードのあるスロー・ナンバー。Litenourの柔らかいギターとTaggの温かいヴォーカルが美しく響きあう。

4曲目の「Is It You?」は、AORのお手本のような洒落たナンバー。爽やかでスウィートなこの曲は、作詞をEric TaggとBill Champlin、作曲をLee Ritenourが担当し、アレンジも洗練している。Eric Taggの歌声には天性の湿度と温もりがあって、ソウル・フィーリングのある歌い方も実に気持ちいい。この曲はBillboard Hot 100チャートの15位を記録するヒットになり、Ritenourの知名度を一気に上げた。

残りはポップなギター・インスト曲になっており、「(You Caught Me) Smilin'」を除いてRitenourの作。「Smilin'」は、Sly & The Family Stoneの71年のアルバム『』からの選曲で、Louis Johnsonのベース、Litenourのギター、そしてBill Champlinのバック・ヴォーカルがファンキーなノリを見せる。

アルバムはBillboard 200チャートの26位になり、Lee Ritenourのアルバムの中では一番売れた。ポップ・オリエンテッドな本作の成功を受け、Ritenourは続編の『RIT/2』を82年に発表。ここでもEric Taggのヴォーカルがフィーチャーされ、84年の『』まで、この路線が続く。

なお、Eric Taggの3作目は『Dreamwalkin'』というタイトル。日本のみで発売されたアルバムで、Lee Ritenourがプロデュースを担当している。アルバム・タイトルは、『RIT』5曲目の「Dreamwalk」から取ったようだ。

●収録曲
1. Mr. Briefcase - 3:20
2. (Just) Tell Me Pretty Lies - 4:13
3. No Sympathy - 4:43
4. Is It You? - 4:25
5. Dreamwalk - 1:43
6. Countdown (Captain Fingers) - 4:21
7. Good Question - 3:41
8. (You Caught Me) Smilin' - 4:08
9. On The Slow Glide - 4:10
10. No Sympathy (Reprise) - 1:56


◆プロデュース: Lee Ritenour(g), Harvey Mason(ds, per), David Foster(k)

◆参加ミュージシャン: Eric Tagg(vo), Don Grusin/Greg Phillinganes/Greg Mathieson/Richard Tee(k), Abraham Laboriel/Louis Johnson/David Hungate/John Pierce(b), Jeff Porcaro/Alex Acuna(ds), Paulinho Da Costa/Steve Forman(per), Jerry Hey(tp), Bill Champlin(bv), etc


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント5件

コメントはまだありません

ゆういち

このアルバムはたしか…

このアルバムは2014年にワーナーのJazz/Fusion1000シリーズ中に入っていて、1080円で再発してました。他に、Rit2も再発されたはず。
参考程度にどうぞ。

2017年04月03日 (月) 15:34

Warm Breeze

Re: このアルバムはたしか…

ゆういちさん、こんにちは。

その通りですね。「AORの名盤 330選」の情報が古いので、アップデートしておきます。
ありがとうございます!

2017年04月03日 (月) 16:31

ゆういち

Re:Warm Breeze さん

わざわざ返信ありがとうございます。
自分はAORが好きな中学生です。
よろしくお願いします。

2017年04月04日 (火) 11:49

うさこ

お久しぶりです

このアルバム持ってるんですけど、
最近聴いてなかったです。
バックがまた豪華ですね!
Is It You?は名曲だと思います(^_^)
この人、杏里と結婚してたんでしたっけ?

2019年12月28日 (土) 22:19
Warm Breeze

Warm Breeze

Re: お久しぶりです

こんばんは、お久しぶりです。

杏里さんとの婚約のことは知りませんでした… ^^;
2005年に婚約を発表したようですが、その後に破棄したようですね。杏里の2005年のアルバム『Sol』のプロデュースをRitenourが担当していますね。

2019年12月29日 (日) 00:54