音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Lee Ritenourの1981年のアルバム『RIT』。
Lee Ritenour / RIT
本作は、Jazz/Fusionシーンを牽引するギタリストの1人であるLee Ritenourのヴォーカル・アルバムである。

最初の4曲がヴォーカル曲になっており、それらではEric Taggがリード・シンガーに抜擢された。当時あまり知られていなかった実力派シンガー・ソングライターのEric Taggは、本作の成功により、その名を広く知られることになる。

1曲目「Mr. Briefcase」は、作詞・作曲ともにEric Tagg。
2曲目「(Just) Tell Me Pretty Lies」と3曲目「No Sympathy」は、作詞がEric Taggで作曲はLee Ritenour。
4曲目「Is It You?」は、作詞がEric TaggとBill Champlin、作曲がLee Ritenourとなっている。

爽やかで、クール&スウィートなこの4曲は、AORの王道を行くメロディとサウンド。ほのかな湿度を感じるEric Taggの温かいヴォーカルとの相性もバッチリだ。

残りはギター・インスト曲で、「(You Caught Me) Smilin'」を除いてLee Ritenourの作。この「Smilin'」は、Sly & The Family Stoneの1971年の名盤『There's A Riot Goin' On / 暴動』の収録曲である。意外な選曲だが、Bill Champlinのファンキーでノリノリなバック・ヴォーカルがハマっている。

曲によってプロデューサーが異なり、Lee Ritenour以外にHarvey Mason(ds)とDavid Foster(k)もプロデュースを担当。また、殆どの曲でHarvey Masonがドラムスを叩いているが、1, 7の2曲ではTOTOのJeff Porcaroが起用された。

「Is It You?」は、Billboard Pop Singlesチャートにおいて15位をマークするヒットを記録。アルバムもBillboard 200チャートの26位となり、Lee Ritenourのアルバムの中では断トツに売れた。

ポップ・オリエンテッドな本作の成功を受け、Lee Ritenourは続編となる『RIT/2』を制作し、82年にリリース。ここでもEric Taggのヴォーカルをフィーチャし、84年の『Banded Together』まで、この流れが続く。

夕暮れ時を思わせるオレンジのカヴァー・アートが美しく、夕焼けを見るとこのアルバムを聴きたくなる。

●収録曲
1. Mr. Briefcase - 3:20
2. (Just) Tell Me Pretty Lies - 4:13
3. No Sympathy - 4:43
4. Is It You? - 4:25
5. Dreamwalk - 1:43
6. Countdown (Captain Fingers) - 4:21
7. Good Question - 3:41
8. (You Caught Me) Smilin' - 4:08
9. On The Slow Glide - 4:10
10. No Sympathy (Reprise) - 1:56


◆プロデュース: Lee Ritenour(g), Harvey Mason(ds, per), David Foster(k)

◆参加ミュージシャン: Eric Tagg(vo), Don Grusin/Greg Phillinganes/Greg Mathieson/Richard Tee(k), Abraham Laboriel/Louis Johnson/David Hungate/John Pierce(b), Jeff Porcaro/Alex Acuna(ds), Paulinho Da Costa/Steve Forman(per), Jerry Hey(tp), Bill Champlin(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/10/31 17:43 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(3)
コメント
このアルバムはたしか…
このアルバムは2014年にワーナーのJazz/Fusion1000シリーズ中に入っていて、1080円で再発してました。他に、Rit2も再発されたはず。
参考程度にどうぞ。
2017/04/03 15:34 ゆういち URL
Re: このアルバムはたしか…
ゆういちさん、こんにちは。

その通りですね。「AORの名盤 330選」の情報が古いので、アップデートしておきます。
ありがとうございます!
2017/04/03 16:31 Warm Breeze URL
Re:Warm Breeze さん
わざわざ返信ありがとうございます。
自分はAORが好きな中学生です。
よろしくお願いします。
2017/04/04 11:49 ゆういち URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/446-2a6f773c
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター