洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Cory Wells / Touch Me (1978年) - アルバム・レビュー

2018年08月23日
AOR名盤(1978年) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Cory Wellsの1978年のアルバム『Touch Me』の紹介です。
Cory Wells / Touch Me (1978年)
Cory WellsはNY出身のシンガー。アメリカの人気ロック・バンド、Three Dog Nightのリード・ヴォーカルの一人として知られている。Three Dog Night (3DN)は、Danny Hutton, Cory Wells, Chuck Negronという3人のヴォーカリストを擁する7人組。1967年に結成され、11曲ものTop 10ヒットを生んだ人気グループで、そのうち3曲は1位を獲得。76年に一旦解散するも、81年に再始動し、今も活動を続けている。

この『Touch Me』は、Cory Wellsの初のソロ・アルバム。3DNが活動を停止していた時期に発表されたアルバムである。ほとんどの曲にDavid FosterとJay Graydonが関わっていることや、GraydonとSteve Lukatherが7曲でギターを共演していることなどから、Airplayのデビュー後に注目された作品らしい。

中身のサウンドは、そうした参加ミュージシャンの華やかさから想像されるゴージャスなものではなく、3DNで鍛えられたCory Wellsのソウルフルな歌声を前面に出し、曲の良さと歌の魅力で勝負している。オリジナルが6曲、カヴァー4曲という構成で、オリジナル曲の作者は次のとおり。
1. Waiting For You (Tom Snow/Fran Tate)
3. You're My Day (Jay Graydon/Harry Garfield)
4. Everything's Right For Love (Dennis Belfield)
6. Starlight (Jay Gruska/Paul Gordon)
7. Throw A Little Bit Of Love My Way (Jay Graydon/David Foster/Harry Garfield)
8. I Know You're Willin' Darlin' (Larry Byron)

また、カヴァー曲の原曲の所収アルバムは次のようになっている。
2. When You Touch Me This Way:Geoff Muldaur『』(76年)
5. Midnight Lady:Jim Gold『I Can't Face Another Day Without You』(77年)
9. Change Of Heart:Bread『』(76年)
10. Lady Put The Light Out:Rogue『Let It Go』(77年)

魅力的な曲を揃えており、特に前半は見事。Tom Snowらしいポップでキャッチーなメロディの「Waiting For You」、濃厚なリズムが癖になるR&Bナンバー「When You Touch Me This Way」、爽やかな疾走感のある「You're My Day」、幻想的なメロウ・バラード「Everything's Right For Love」と、素敵な曲が続く。

後半では、Foster, Graydon, Harry Garfieldが共作したバラードの「Throw A Little Bit Of Love My Way」も素晴らしい。この曲は、Watersの80年のアルバム『』や、Stevie Woodsの81年のアルバム『Take Me To Your Heaven / スティール・ザ・ナイト』でカヴァーされた。

本作からのファースト・シングルは、Jay Gruskaの書き下ろした「Starlight」。この曲にはディスコ・バージョンがあり、そこではJay Graydonが長いギター・ソロを弾いている。2010年に日本で初CD化された際には、そのバージョンがボーナス・トラックに収録された。いつもの華やかに作りこまれたソロではなく、ラフに弾いている感じが新鮮。

Cory Wellsは2015年に他界した。ソウルフルでセクシー、惚れ惚れするようないい声をしており、本作でもたっぷりその歌声を堪能できる。また、3DNの中では一番の色男。綺麗な目をしているな、と思う。
Cory Wells / Touch Me (Inner Photo)

●収録曲
1. Waiting For You - 2:39
2. When You Touch Me This Way - 3:37
3. You're My Day - 3:05
4. Everything's Right For Love - 4:11
5. Midnight Lady (Hiding In The Shadows) - 4:27
6. Starlight - 3:15
7. Throw A Little Bit Of Love My Way - 4:13
8. I Know You're Willin' Darlin' - 3:43
9. Change Of Heart - 3:20
10. Lady Put The Light Out - 4:05
11. Starlight (Disco Version) (日本盤ボーナス・トラック)
12. Let Tomorrow Be (日本盤ボーナス・トラック)


◆プロデュース: David Anderle, Cory Wells

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon(g, sy), Steve Lukather(g), Dean Parks(g, horn), David Foster(k), Jay Gruska(k, bv), Dennis Belfield(b), Mike Baird(ds), Steve Forman(per), Bill Champlin/Jennifer Warnes/Rita Coolidge/Oren Waters/Luther Waters(bv), etc


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません