音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Chris Rainbowの1979年作『White Trails』。
Chris Rainbow / White Trails
Chris Rainbowは、スコットランド生まれのシンガー・ソングライター。
70年代の後半にアルバムを3枚出しており、本作はサード・アルバムである。

本作のリリース後、Chris RainbowはAlan Parson's Projectの1979年のアルバム『Eve / イヴの肖像』に参加し、リード・ヴォーカルやバックグラウンド・ヴォーカルを担当している。
以降、1987年の『Gaudi』まで、Alan Parson's Projectの全てのアルバムにシンガーとして参加した。

そうした経歴から、Chris Rainbowというミュージシャンやそのソロ作品は知らなくても、歌声やサウンドの質感から、Alan Parson's Projectを連想する人は多いと思う。

本作に収録された曲は全てChris Rainbowのオリジナル。
メロディは程よくポップで、サウンドはどこまでもメロウな質感で、聴き心地が実に上品。
金澤 寿和氏の著書『AOR Light Mellow』にも掲載されており、AORとしても高いクオリティのアルバムだ。

バックを固めるミュージシャンは英国の実力派。
Max Middleton(k), Mo Foster(b), Simon Phillips(ds)など、Jeff Beck人脈も参加している。

また本作では、Chrisが自分のヴォーカルを多重録音して作ったコーラスを随所で聴くことができる。
特に、タイトル曲「White Trails」における荘厳で分厚いコーラスと、続く「In Love With Love」における繊細で美しいコーラスは聴きどころ。
丁寧かつ精巧に仕上げられており、Chrisの英国人的な職人気質が垣間見られる。

"ひとり多重コーラス" というと、山下 達郎のようなロマンティックで爽やかなものも連想するが、Chris Rainbowのそれはドリーミーで神聖な質感。
今ぐらいの時期に聴くと、おのずとクリスマスらしい気分になる。

●収録曲
1. Love You Eternally - 3:31
2. Don't Take The Night Away - 4:47
3. Song Of The Earth - 3:49
4. Be Like A Woman - 4:17
5. Ring Ring - 3:07
6. Streetwise - 3:38
7. White Trails - 5:52
8. In Love With Love - 6:51


◆プロデュース: Chris Rainbow

◆参加ミュージシャン: Ian Bairnson/Mart Jenner(g), Max Middleton(k), Dave Lawson(sy), Mo Foster(b), Pete Zorn(b, sax), Simon Phillips(ds), Dick Morrissey(sax, Flute), Linda Taylor(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/11/09 19:20 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/453-adb5a522
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター