音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

David Lasleyの1982年作『Missin' Twenty Grand / 風のファルセット』。
David Lasley / Missin' Twenty Grand
David Lasleyは、アメリカ生まれの白人セッション・シンガーでありソングライター。
様々なアーティストのアルバムにバックグラウンド・シンガーとして参加し、Bee GeesのBarry Gibb、あるいはSmokey Robinsonを彷彿とさせる美しいファルセット歌唱で貢献している。特にJames Taylorとの仕事は長く、1979年の『Flag』以降の全てのアルバムに参加し、バック・ヴォーカルをレギュラーで務めている。

また、ソングライターとしては、Boz Scaggsの1980年のアルバム『Middle Man』に収録された名曲「Jojo」などを提供した。

本作は、David Lasleyのセカンド・アルバム。
プロデュースは自ら行っているが、一部の曲でWillie Wilcox, Bill Schnee, Joe Wissert等の力を借りている。
Willie Wilcoxは、Todd Rundgrenのリーダー・バンドであるUtopiaのドラマーであり、本作でも全曲のドラムスを担当。Bill SchneeはBoz Scaggsの『Middle Man』のプロデューサーであり、Joe Wissertは『Silk Degrees』のプロデューサーだ。

収録曲に関しては、4曲(2, 3, 5, 10)を除いて自作の曲。
「If I Had My Wish Tonight」は、Randy GoodrumとDavid Logginsの共作。
「Take The Money And Run」はJames Taylor作で、J.T.の1977年の名盤『JT』の収録曲。
「Take A Look」は、Aretha Franklinの1967年のアルバム『Take A Look』のタイトル曲である。

コンテンポラリーな「Got To Find Love」、James Taylorらしい静謐なアコースティック・ナンバー「Looking For Love On Broadway」、ドゥーワップ調の「On Third Street」、ジャジーな「Take A Look」、レゲエ調の「Roommate」など、収録曲は実に多彩。
驚くことに、David Lasleyはこれら全ての曲をファルセットのみで歌っている。
見事な歌唱力である。

本作からはミディアム・スローの「If I Had My Wish Tonight」がシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの36位をマーク。
また、レゲエ調の「Roommate」では、珍しいことにThe WhoのPete Townshendがギターを弾いている。

邦題には当時のAOR系のアルバムらしく、"風の" という飾りが付いた。
Bobby Caldwellの「風のシルエット」、Americaの「風のマジック」もそうだが、不思議と "風の" が付く曲やアルバムに外れはない。

●収録曲
1. Got To Find Love - 3:43
2. If I Had My Wish Tonight - 3:29
3. Looking For Love On Broadway - 2:38
4. On Third Street - 4:16
5. Take A Look - 3:58
6. Treat Willie Good - 3:40
7. Never Say - 4:12
8. Roommate - 4:27
9. Where Is Charlie And Joanne - 4:41
10. Take The Money And Run - 4:02
11. On Third Street - Reprise - 0:34


◆プロデュース: David Lasley(vo), Willie Wilcox(ds), Bill Schnee, Dave Iveland, Joe Wissert

◆参加ミュージシャン: Pete Townshend/Marty Walsh/Osamu Kitajima(g), David Benoit(k), Bobby Watson(b), David Garibaldi(per), Joel Peskin/Ernie Watts(sax), Jerry Hey(tp), James Taylor/Arnold McCuller/Bonnie Raitt/Luther Vandross(bv), Nick DeCuller/Arif Mardin(strings ar), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/11/10 17:19 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
コメント
当時のAOR系のアルバムは風の表題が多かったかも!クリストファークロス「風立ちぬ」もそうですね。小生の場合は1970年前後が一番洋楽に嵌っていたのでアルバートハモンド「風のララバイ」、バッドフィンガー「明日の風」、ピンクフロイド「吹けよ風、呼べよ嵐」です。1世代古いですね。(笑)
2016/11/10 21:51 ローリングウエスト URL [ 編集 ]
風が付く邦題
なるほど、いろいろありますね。
バッドフィンガーの「明日の風」は知りませんでした。
AOR系では、アレッシーの『Long Time Friends / そよ風にくちづけ』というアルバムもありましたね。
2016/11/11 10:43 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/454-5e906c48
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター