音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Larry John McNallyの1981年作『Larry John McNally / シガレット・アンド・スモーク』。
Larry John McNally / Larry John McNally (シガレット・アンド・スモーク)
Larry John McNallyは、ニューヨークを拠点に活動するシンガー・ソングライターであり、ギタリスト。ジャジーでブルージーな渋い曲を書く人で、Chaka KahnやRod Stewartなど多くのアーティストが彼の曲を歌っている。
本作は、Larry John McNallyのファースト・アルバムである。

本作の収録曲は、全てLarryのオリジナル。

1曲目の「Just Like Paradise」は、そのタイトルの如く、開放感のあるメロディとリラックスした曲調が心地よいナンバー。この曲は、Devonsquareの1987年のアルバム『Walking On Ice』でカヴァーされた。

「Don't Let _ _ Do Your Talkin' For Ya」は、Ben Sidranが歌いそうなジャジーな曲。粋で洒落た歌いっぷりも、Ben Sidranそっくり。

「Lose Myself」は、あの映画スターのBruce Willisが1987年のアルバム『The Return Of Bruno』で歌っている。Buzzy Feitenのブルージーなギターがカッコいい。

「Real Good Thing」は本作唯一のバラード。ほろ苦いメロディの静かなバラードで、Larryの優しい歌声が心の深いところに沁み入る。
女性シンガーのMavis Staplesは、1979年のアルバム『Oh What A Feeling』において、「I Don't Want To Lose My Real Good Thing」というタイトルでこの曲を歌った。

「Wasn't I Your Friend」は、Average White Bandも録音しているシティ・ソウル。オルガンの音色やBuzzy FeitenのギターがLarsen-Feiten Bandのような雰囲気だ。

ラストの「Sleep On It」も洒落たシティ・ソウルで、Chaka Khanが1978年のアルバム『Chaka』でこの曲を歌った。ここでも、Buzzy Feitenがクールで渋いギターを弾いている。

Larry John McNallyは、作る曲の渋さや粋な歌い方から "男Rickie Lee Johnes" と呼ばれることがあるそうだ。夜の街で、煙草に火をともす仕草を写した本作のジャケットも渋い。
そう言えば、Rickie Lee Jonesのデビュー作『浪漫』のジャケットも、くわえ煙草でもの憂げにうつむくRickieを写していた。

●収録曲
1. Just Like Paradise - 3:27
2. Broken Down Rock 'N Roll Man - 3:48
3. Don't Let _ _ Do Your Talkin' For Ya - 5:08
4. Lose Myself - 3:40
5. Sleepy Town - 4:17
6. Real Good Thing - 3:02
7. Wasn't I Your Friend - 3:09
8. Sleep On It - 4:03


◆プロデュース: Jon Lind(bv)

◆参加ミュージシャン: Larry John McNally(vo, ag), Buzzy Feiten(g), Victor Feldman(k, per), Bill Payne/Ricky Kelly(k), Reggie McBride/Keni Burke/Chuck Domanico(b), James Gadson/Gary Mallaber(ds), Lenny Castro/Sam Clayton(per), Tom Scott(sax), Varelie Carter(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/11/12 19:10 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/456-76d1f655
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター