音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Larry John McNallyの1981年のアルバム『Larry John McNally / シガレット・アンド・スモーク』。
Larry John McNally / Larry John McNally (シガレット・アンド・スモーク) (1981年)
Larry John McNallyは、ニューヨークを拠点に活動するシンガー・ソングライターであり、ギタリスト。大人びた味わいの渋い曲を作る人で、Chaka KahnやRod Stewartなど多くのシンガーが彼の曲を歌っている。

この『Larry John McNally』はファースト・アルバム。プロデュースを担当したのは、元Fifth Avenue BandのJon Lindで、自作の6曲と共作の2曲を収録し、共作者はJon Lind(4)、Andrew Kastner(8)となっている。

1曲目の「Just Like Paradise」は、そのタイトルのように、穏やかなメロディとリラックスした曲調が心地よいナンバー。この曲は、Devonsquare(ディヴォンスクエア)の87年のアルバム『』でカヴァーされた。

続く3曲は、ファンキーで渋いナンバー。特に、「Don't Let _ _ Do Your Talkin' For Ya」のジャジーで粋な味わいはBen Sidranの曲のようで、洒落た歌い回しもBen Sidranぽい。また、「Lose Myself」では、Buzzy Feitenのブルージーなギターが聴きモノ。俳優のBruce Willisが87年のアルバム『』で、この曲を歌っている。

後半は、ポップで都会的なナンバーを収録。「Real Good Thing」は本作唯一のバラードで、苦いメロディとLarryの優しい歌声が心の奥まで沁みる。女性シンガーのMavis Staplesが、79年のアルバム『』において、この曲をカヴァーした。

「Wasn't I Your Friend」は、Average White Bandも録音したシティ・ソウル。オルガンの音色や洗練されたグルーヴがLarsen-Feiten Bandみたいだ。ラストの「Sleep On It」は、Chaka Khanのデビュー・アルバム『』(78年)に提供した曲のセルフ・カヴァー。ここでも、Buzzy Feitenのギターがクールで渋い。

Larry John McNallyは、作る曲の渋さや粋な歌い方から "男Rickie Lee Johnes" と呼ばれることもあるそうだ。夜の街で、煙草に火をともすジャケットも渋い。そう言えば、Rickie Lee Jonesのデビュー作『浪漫』のジャケットも、くわえ煙草でもの憂げにうつむくRickieだっけ。

●収録曲
1. Just Like Paradise - 3:27
2. Broken Down Rock 'N Roll Man - 3:48
3. Don't Let _ _ Do Your Talkin' For Ya - 5:08
4. Lose Myself - 3:40
5. Sleepy Town - 4:17
6. Real Good Thing - 3:02
7. Wasn't I Your Friend - 3:09
8. Sleep On It - 4:03


◆プロデュース: Jon Lind(bv)

◆参加ミュージシャン: Larry John McNally(vo, ag), Buzzy Feiten(g), Victor Feldman(k, per), Bill Payne/Ricky Kelly(k), Reggie McBride/Keni Burke/Chuck Domanico(b), James Gadson/Gary Mallaber(ds), Lenny Castro/Sam Clayton(per), Tom Scott(sax), Varelie Carter(bv), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2018/09/02 12:11 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/456-76d1f655
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ