音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Nicole Willsの1983年作『Tell Me』。
Nicole Wills / Tell Me
本作は、女性シンガーNicole Willsの唯一のソロ・アルバム。
Nicole Willsに関する情報は少ないが、彼女に関するサイトと思われる http://www.nicolewills.com/ によると、80年代の初めにThe Johnny Average Bandというバンドのヴォーカリストを務めており、70年代にはその前身となるローカル・バンド、The Falconsで音楽活動をしていた。
The Johnny Average Bandは、1980年にアルバム『Some People』を1枚残している。また、リーダーのJohnny Averageは(当時の、かも知れないが、)彼女の夫である。

さて、本作『Tell Me』はアメリカでは売れなかったが、選曲の良さとNicole Willsのヴォーカルの美しさから、日本では人気のあるアルバム。収録曲は、AORやポップスの名曲からセンス良く選ばれている。

「Fallin」はLauren Wood作。1981年のアルバム『Cat Trick』に収録された名曲で、1990年の映画『プリティ・ウーマン』に使われて注目された。

「Some Guys Have All The Luck」は、The Persuadersの1974年のアルバム『Best Thing That Ever Happened To Me』の収録曲。Robert Palmer、Rod Stewart、Maxi Priest等のカヴァーもあり、Rod Stewartのカヴァーは、1984年にBillboard Hot 100チャートの10位を記録した。

「It Wouldn't Have Made Any Difference / 所詮は同じこと」は、Todd Rundgrenの1972年の名盤『Something / Anything? (ハロー・イッツ・ミー)』の収録曲。Todd Rundgrenらしい、繊細で甘酸っぱいメロディだ。

「Tenderness On The Block」は、Jackson BrowneとWarren Zevonが共作したアメリカン・ポップス。Warren Zevonの1978年のアルバム『Excitable Boy』に収録されている。

「What You Do To Me」は、John Hall作の軽快なロック・チューン。The John Hall Bandの1981年のアルバム『All Of The Above / 夢の部屋』の収録曲。

「Isn't It Always Love」はKarla Bonoff作で、1977年のデビュー・アルバム『Karla Bonoff』に収録された爽やかな曲。Nicole Willsの温かい声質と、ビブラートをほとんど使わない歌唱はKarla Bonoffと似ており、この曲もKarla Bonoff本人が歌っているように聴こえる。

ラストの「Never Take The Place Of You」は、NRBQの1980年のアルバム『Tiddlywinks』に収録された穏やかなナンバーである。

このアルバムは日本でしかCD化されていないが、CDにはボーナス・トラックが2曲収録されており、そのうちの1曲はThe Beatlesの「Hold Me Tight」。Beatlesの数ある名曲から「Hold Me Tight」を選ぶところが渋いが、これを実に元気一杯に歌っており、微笑ましい。

●収録曲
1. Fallin - 4:07
2. Tell Me How To Make You Love Me - 3:48
3. Some Guys Have All The Luck - 3:10
4. It Wouldn't Have Made Any Difference / 所詮は同じこと - 3:30
5. Tenderness On The Block - 3:03
6. What You Do To Me - 3:47
7. Isn't It Always Love - 3:23
8. Maybe - 4:12
9. It'll Be Me - 1:47
10. Never Take The Place Of You - 3:32


◆プロデュース: John Holbrook(g, k, per, ar)

◆参加ミュージシャン: Shane Fontayne(g), Murray Weinstock(k, ar), Leigh Fox(b), Mike Braun(ds, per), Arno Lucas/Wells Kelly(per), George Young(sax), John Hall/John Tray/Bob Leinbach/Ann Lang(bv)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/11/14 18:36 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/457-9de5d276
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター