音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Robert Byrneの1979年作『Blame It On The Night / ワン・ナイト・ロマンス』。
Robert Byrne / Blame It On The Night
本作は、アメリカのマッスル・ショールズを拠点に活動した名シンガー・ソングライター、Robert Byrneの唯一のアルバム。

Robert Byrneには本作の他にもう1枚、Byrne & Barnes名義の1981年のアルバム『An Eye For An Eye』がある。相方のBarnesは、同じマッスル・ショールズで活動するマルチ・プレイヤーのBrandon Barnes。

どちらの作品も極上のAORであり、共に金澤寿和氏の著書『AOR Light Mellow』で紹介されている。

AORにもいろいろなタイプがあるが、Robert Byrneは心に沁み入るような甘く切ない曲を作る。
また、基本的にそういう曲ばかりを作る。
従って、Robert Byrneのアルバムを聴くと、そうした曲が大半を占めており、とてもロマンティック。

本作の収録曲は全てRobert Byrneのオリジナル。
ダンサブルな1曲目「Baby Fat」がちょっと浮いているが、それ以外はRobert Byrneらしいロマンティシズム溢れる曲が並ぶ。

何曲かは他のアーティストにカヴァーされており、「Blame It On The Night / ワン・ナイト・ロマンス」は、ハワイのAORグループであるFabulous Krushが同年のアルバム『Fabulous Krush』でカヴァー。
「That Didn't Hurt Too Bad」は、Dr. Hookが1980年のアルバム『Rising』で取り上げ、「No Love In The Morning」は、Captain & Tennilleが1979年のアルバム『Make Your Move』でカヴァー。
ラストの「She Put The Sad In All His Songs」は、Michael Johnsonが1979年のアルバム『Dialogue』で歌っている。

Mac McAnallyやLenny LeBlanc等、マッスル・ショールズで活動するミュージシャンの温かい演奏や、Robert Byrneの艶やかな歌声も心地よい。

曲のタイトルがまた、魅力的である。
「She Put The Sad In All His Songs」や「Tell Me It's Over One More Time」など、興味をそそられるタイトルが並ぶ。

Byrne & Barnes名義の『An Eye For An Eye』は、今年の7月にCDが再発されており、お薦め。
"目には目を" というタイトルをモチーフにした美し過ぎるジャケットが人目を惹く。
Byrne & Barnes / An Eye For An Eye

●収録曲
1. Baby Fat - 4:12
2. Blame It On The Night / ワン・ナイト・ロマンス - 3:45
3. That Didn't Hurt Too Bad - 3:06
4. Pretend He's Me - 3:11
5. I Did It All For Love / オール・フォー・ラヴ - 3:38
6. No Love In The Morning - 3:41
7. Tell Me It's Over One More Time / ワン・モア・タイム - 3:08
8. Southern Gun - 3:52
9. You And Me - 3:33
10. She Put The Sad In All His Songs - 3:30


◆プロデュース: Clayton Ivey(k, string ar), Terry Woodford

◆参加ミュージシャン: Robert Byrne(vo, g, k), Mac McAnally(g, bv), Larry Byrom(g), Bob Wray(b), Roger Clark(ds), Jim Horn(wood winds), Lenny LeBlanc(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/11/15 18:45 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/458-ccb67994
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター