洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

EW&F / All 'n' All (1977年) - アルバム・レビュー

2012年05月27日
Soul / R&B(70年代) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Earth Wind & Fire(EW&F)の1977年の名作『All 'n' All / 太陽神』の紹介です。
EW&F / All 'n' All (1977年)
このアルバムからは、「Serpentine Fire / 太陽の戦士」(Billboard Hot 100チャートの13位)と「Fantasy / 宇宙のファンタジー」(同32位)の2曲がシングル・ヒットし、アルバムもBillboard 200チャートの3位を記録。

78年のグラミー賞では、アルバムが「Best R&B Performance by a Duo or Group with Vocals」を、収録曲の「Runnin'」が「Best R&B Instrumental Performance」を受賞します。

「Fantasy / 宇宙のファンタジー」は豊かなメロディを持つ、スケールの大きな曲。パワーをもらえる大好きな曲です。

他にも、「Jupiter / 銀河の覇者」「Love's Holiday」「Be Ever Wonderful」などの出来が良い。

EW&Fの魅力は「Brazilian Rhyme」のブラジリアン・スキャットに凝縮されています。生きる喜びをストレートに伝える圧倒的な開放感に満ちたスキャットは感動そのもの。

EW&Fは、この5月17日に来日し、東京国際フォーラムで一夜限りのコンサートを開きました。

名バラード「After The Love Has Gone」を収めた79年のアルバム『I Am / 黙示録』や、「Let's Groove」を収めた81年のアルバム『Raise! / 天空の女神』もお薦めです。

●収録曲
1. Serpentine Fire / 太陽の戦士
2. Fantasy / 宇宙のファンタジー
3. In The Marketplace (Interlude) / 市のたつ広場 (間奏曲)
4. Jupiter / 銀河の覇者
5. Love's Holiday
6. Beijo (Interlude) aka Brazilian Rhyme (Interlude) / ブラジルの余韻
7. I'll Write A Song For You / 聖なる愛の歌
8. Magic Mind
9. Runnin'
10. Brazilian Rhyme (aka Ponta de Areia) / ブラジルの余韻
11. Be Ever Wonderful


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません