洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Sweet Comfort Band / Breakin' The Ice (1978年) - アルバム・レビュー

2018年09月16日
AOR名盤(1978年) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Sweet Comfort Bandの1978年のアルバム『Breakin' The Ice』の紹介です。
Sweet Comfort Band / Breakin' The Ice (1978年)
Sweet Comfort Bandは、Contemporary Christian Music (CCM)シーンを代表する4人組のロック・バンド。1974年に結成し、84年に解散するまでの間に6枚のアルバムを残している。メンバーの中心は、キーボードとリード・ヴォーカルを担当するBryan Duncanで、曲もほとんどをBryanが作っている。ベーシストとドラマーが兄弟ということもあり、息の合った演奏を聴かせる気持ちのいいバンドだ。

この『Breakin' The Ice』は、彼らのセカンド・アルバム。彼らはアルバム毎にプロデューサーを変えており、本作ではSeawindのBob Wilsonがプロデュースを担当した。また、Seawind Hornsも参加しており、タイトでファンキーなホーンをアルバムの随所で聴くことができる。

収録曲は、Seawind Hornsが活躍する「Got To Believe」や「Good Feelin'」、ファンキーな「Breakin' The Ice」、ドリーミーなバラードの「Young Girl」、軽快なロック・チューンの「Melody, Harmony」、ボサノヴァ調の「I Need Your Love Again」、アーシーな「The Lord Is Calling」と、ヴァラエティに富んでいる。

Bryan Duncanは、どんなタイプの曲も見事に歌いこなす、稀代のシンガーだ。艶やかで、ソウル・フィーリング溢れる歌いっぷりは聴いていて爽快で、それがSweet Comfort Bandの大きな魅力なっている。

特に、ラストの美しいバラード「I Love You With My Life」は、心に残る名唱。Bryan自身、この曲をとても気に入っているようで、90年のソロ・アルバム『Anonymous Confessions of a Lunatic Friend』でも、アルバムの最後にこの曲を歌っている。

●収録曲
1. Got To Believe - 3:56
2. Breakin' The Ice - 3:40
3. Young Girl - 3:15
4. Melody, Harmony - 3:20
5. I Need Your Love Again - 4:30
6. Good Feelin' - 4:00
7. Searchin' For Love - 4:06
8. The Lord Is Calling - 3:56
9. I Love You With My Life - 4:01


◆プロデュース: Bob Wilson

◆参加ミュージシャン: Bryan Duncan(vo, k), Randy Thomas(vo, g), Kevin Thomson(b), Rick Thomson(ds, vo)
with Steve Forman(per), Seawind Horns


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません