洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Passage / Passage (1981年) - アルバム・レビュー

2018年09月18日
AOR名盤(1981年) 4





関連記事

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント4件

コメントはまだありません

ギターマジシャン

パッセージ

スラップでなく、チョッパーと呼ばれていた当時、何と言っても第一人者はルイス・ジョンソンで、クインシーやアール・クルーでの演奏も好きでした。

ブラザーズ・ジョンソンは、ちょっとボーカルが好みでなかったので、このパッセージには期待して、すぐにタワーレコードで買いました。(国内盤は出たのかどうか?)

インスト曲や派手なチョッパーを期待したので、最初は物足りなかったのですが、聴き込むと良質のAORで、ウォークマンの必須テープになりました。

2018年09月20日 (木) 03:14
Warm Breeze

Warm Breeze

Re: パッセージ

ギターマジシャンさん、こんにちは

この一枚なのが残念なくらい、いい内容ですね。特に前半は好きです。後半は、CCM色が強くなりますね。
国内盤はLPのみで、CDは出ていないみたいです。私は、パッセージ→ブラザーズ・ジョンソンという順番で聴いたので、普通とは逆かも…

2018年09月20日 (木) 10:44

YJ

見本盤あります

Twitterで紹介させていただきました。
私も大好きなアルバムです。
なんとか見本盤LPを確保してあります。

2021年01月02日 (土) 10:52
Warm Breeze

Warm Breeze

Re: 見本盤あります

YJさん、こんにちは

Twitterで紹介いただき、ありがとうございます。
いいアルバムですけど、入手するのはなかなか難しいですよね…
CDの再発を期待したいと思います。

2021年01月02日 (土) 11:09