音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Heatの1980年のアルバム『Heat』。
Heat / Heat (1980年)
Heatは1979年にLAで結成されたブラック・コンテンポラリー・グループ。サックス奏者のTom Savianoが、Joe Pizzulo、Jean Marie Arnoldという男女二人のシンガーと共に結成した3人組である。彼らは80年と81年にアルバムを1枚ずつ残しており、この『Heat』はファースト・アルバム。

Tom SavianoはGino CunicoやMelissa Manchester、Leo Sayerなど、様々なアーティストのアルバムにサックス奏者やホーン・アレンジャーとして参加した実力派。女性シンガーのJean Marie ArnoldはTomの奥様で、セッション・シンガーとして、Tom同様に様々なアーティストと共演している。

男性シンガーのJoe Pizzulo(パズーロ)は、本作1枚でHeatを離れ、Sérgio Mendesのグループで活躍する。Sérgio Mendesの83年のアルバム『Sérgio Mendes』に収録された名バラード「Never Gonna Let You Go」の男性ヴォーカルはJoe Pizzuloだ。

演奏面では、EW&FやSeawindのようなファンキーなホーン・セクションが活躍する。一方で、曲にはエレガントでメロウな感覚があり、そのバランスがとてもナイス。キュートでパンチの効いたJeanの歌声は、Seawindの女性シンガーのPauline Wilsonに似ている。

収録曲は全て、Tom SavianoまたはTom夫妻のオリジナル。ラストの7分を超える「Billet Doux」のみインストゥルメンタルで、そこではTomがGrover Wahsington Jr.のようなムードのあるサックス演奏を披露する。

本作にはDavid Fosterも参加し、3曲(2, 3, 4)でキーボードを弾いている。そのうちのバラード曲「Baby (This Love That We've Found)」は、EW&Fの「After The Love Has Gone」みたいに華やかで甘美。続く「Don't You Walk Away」のアーバン・メロウな感覚は、Niteflyteのように素敵だ。

音がナイスなだけに、カンフー映画のパンフを思わせるジャケットがちょっと残念。81年の2作目『』のジャケットもいまいち…

●収録曲
1. Just Like You - 4:37
2. It's Up To You - 3:58
3. Baby (This Love That We've Found) - 5:12
4. Don't You Walk Away - 4:11
5. Pickin' And Choosin' - 4:10
6. Whatever It Is - 4:34
7. Side Steppin' - 4:12
8. Billet Doux - 7:28


◆プロデュース: Tom Saviano, David Wolfert

◆参加ミュージシャン: Tom Saviano(sax, ar), Jean Marie Arnold/Joe Pizzulo(vo)
with Paul Jackson Jr./Charles Fearing/Thom Rotella(g), David Foster/Jai Winding(k), Steve Porcaro(sy), Eddie Watkins Jr.(b), James Gadson/Ed Greene/Harvey Mason(ds), Lenny Castro(per), Victor Feldman(vib), Jerry Hey(tp), Arnold McCuller(bv), Nick DeCaro(string ar), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2018/09/25 15:48 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/464-2f460b75
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Boz Scaggs / Middle Man 2019/07/16
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2019/07/13
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2019/07/09
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2019/07/06
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2019/07/04
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ