洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Kenny Nolan / Head To Toe (1982年) - アルバム・レビュー

2018年09月27日
AOR名盤(1982年) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Kenny Nolanの1982年のアルバム『Head To Toe』の紹介です。
Kenny Nolan / Head To Toe (1982年)
Kenny Nolanは、LA出身のソングライター。Bob Crewe(クリュー)とのソングライター・コンビで、Frankie Valliの「My Eyes Adored You / 瞳の面影」と、Labelleの「Lady Marmalade」という2曲の全米No.1ヒット(1975年)を生んだことで知られている。

他にも、Tavaresの「A Penny For Your Thoughts」(82年)や、The Deeleの「Shoot 'Em Up Movies」(88年)、Atlantic Starrの「Masterpiece」(92年)など、R&B/ソウル系のグループにヒット曲を提供。シンガー・ソングライターとしては、4枚のアルバムを残しており、ファースト・アルバム『Kenny Nolan』(77年)からは、「I Like Dreamin'」のヒット(米3位)も生まれている。

この『Head To Toe』は、Kenny Nolanの4作目。収録曲の全てがミディアム・スローのメロウなバラードという、珍しいアルバムである。プロデュースを担当したのは、Kenny Nolan, Jay Senter, Freddie Perrenの3人で、このうちJay Senterは、Bill LaBountyの最初の3枚のアルバムをプロデュースした人。それもあって、本作にはどこかBill LaBountyのアルバムに共通する穏やかな癒しがある。

曲によっては、Frankie Valli的なというか、やや大掛かりなアレンジのものもあって、そこがBill LaBountyとの違い。歌をじっくり聴かせる曲が多いので、バック・ヴォーカリストは充実しており、The Watersのメンバーや、HeatのJoe Pizzulo、Faragher BrothersのTommy Faragherといった実力派が参加している。

CDで入手できるKenny Nolanのアルバムには、本作の他にベスト盤『』がある。そちらは、1~2作目の曲を中心にセレクトされており、「I Like Dreamin'」も収録されていて、お薦め。

●収録曲
1. The Love Song (That'll Shake The World) - 4:10
2. Soft Rock, Hard Love - 3:57
3. You - 4:29
4. Easily - 4:04
5. Come Live My Love - 3:50
6. I'm In Love Again - 4:02
7. How Many More Nights? - 4:25
8. Help Me - 3:59
9. Broken Dreams, Broken Promises - 4:10
10. Baby Come Home (It's Not The Same Old Me) - 3:55


◆プロデュース: Kenny Nolan(vo, k), Jay Senter, Freddie Perren

◆参加ミュージシャン: Charles Crews(g), James Phillips(k, ar), Ian Gardner(b), Beau Segal(ds), Joe Pizzulo/Tommy Faragher/Maxine Water/Julia Waters(bv), etc


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません