洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Chris Eaton / Vision (1986年) - アルバム・レビュー

2019年10月27日
AOR名盤(1984~1990年) 2
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Chris Eatonの1986年のアルバム『Vision』の紹介です。
Chris Eaton / Vision (1986年)
Chris Eatonは、英国生まれのシンガー・ソングライター。主にContemporary Christian Music(CCM)シーンで活動し、英国のベテラン・シンガーのCliff Richardに多くの楽曲を提供したほか、アメリカでもAmy Grantなどが彼の曲を歌っている。枚数は少ないが、自身のアルバムも4枚ほどを発表していて、この『Vision』がファースト・アルバムになる。

収録曲は全てChris Eatonの自作。ドライヴ感のあるロック・ナンバーが多いが、ラフでワイルドな感じではなく、綺麗なメロディやサウンドの透明感が印象に残る。バラード系のメロディも美しい。

アメリカからはRuss Taff/Michael Landau(g), Carlos Vega(ds), Tommy Funderburk/Tom Kelly(bv)など、イギリスからはPhil Palmer(g), Mel Collins(sax)などが参加していて、ミュージシャンの顔ぶれがとても豪華。ドラムスやキーボードの音が強調された80年代らしいアレンジのせいもあって、結構分厚いサウンドになっている。

タイトル曲の「Vision」は、Russ Taffの85年のアルバム『』に提供したメロディアスなロック・ナンバーで、そちらでは歌詞が少しアレンジされている。同じ路線の「Hold Back The Tears」はJanet Jacksonの84年のアルバム『』への提供曲で、邦題は「涙をこらえて」。ポップな「Golden Rule」は、英国のCCMシンガーのSheila Walshのアルバム『』(84年)に提供された曲だ。

Chris Eatonの声質はややハスキー。ヨーロッパ的なというか、どこか哀愁を帯びているところが魅力で、「When My Heart Breaks」や「It Was Love」のようなバラード・ナンバーはとてもロマンティック。

Chris本人の選ぶベスト・プレイは「Talk To Me」とのこと。ポップな感覚のビートとフックの効いたメロディ、"overnight sensation" というキャッチーなフレーズもあって、シティ・ポップ的な華のあるナンバー。

CCM色が全面に出ている曲がなく(あるのかも知れないけれど、気づかない)、純粋にメロディアスな洋楽ロックとして楽しめる。Chris Eatonの歌声はエモーショナルで、寒い季節に合います。

●収録曲
1. Vision - 4:07
2. Don't Underestimate My Love - 4:38
3. When My Heart Breaks - 5:04
4. Golden Rule - 4:31
5. Hold Back The Tears - 4:24
6. Love For The Common Man - 4:34
7. Talk To Me - 4:13
8. This Is For Real - 4:23
9. Don't Play Games - 4:40
10. It Was Love - 5:20


◆プロデュース: Brown Bannister, Jack Joseph Puig

◆参加ミュージシャン: Dann Huff/Paul Jackson Jr./Michael Landau/Phil Palmer(g), Robbie Buchanan/Rhett Lawrence/Larry Williams(k), Neil Stubenhaus/Nathan East/Pino Palladino(b), Paul Leim/Carlos Vega(ds), Lenny Castro(per), Mel Collins(sax), Tommy Funderburk/Tom Kelly/Mark Williamson/Don Snow(bv), etc


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント2件

コメントはまだありません

ローリングウエスト

クリストファークロスやクリスレアは知っていますがクリスイートンは初めて知りました。AOR
に造詣が深いですね~!
(PS)こちらはフリートウッドマックを公開いたしました~。趣味趣向が違うかな・・

2016年11月24日 (木) 22:57

Warm Breeze

フリートウッドマック、好きですよ~

ローリングウエストさん、こんにちは。

クリスイートンはマイナーですよね。硬派で情熱的なロック・シンガーという感じで、なかなか良いですよ。
RWさんは違うかも知れませんが、、、メロディアス・ハードやロマンティック・ハードが好きな方にお薦めです。

> (PS)こちらはフリートウッドマックを公開いたしました~。趣味趣向が違うかな・・
ブログ、拝見しました。
フリートウッドマック、好きですよ~。

特に、Stevie Nicksのワイルドな声と小悪魔的な魅惑には抗えません…

2016年11月25日 (金) 10:49