音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Barry Manilowの1979年のアルバム『One Voice』。
Barry Manilow / One Voice (1979年)
Barry ManilowはNY生まれのシンガー・ソングライター。Frank Sinatraの後継者とも言われた天与のテナー・ヴォイスとジュリアード音楽院卒の作曲能力を生かし、多くのヒット曲とヒット・アルバムを作り続けている。

本作はBarry Manilowの6作目となるスタジオ・アルバム。プロデュースはRon Danteとの共同で、これは73年のデビュー・アルバム以来ずっと続いている。

収録された11曲のうちBarry Manilowの作曲は7曲(1, 2, 3, 5, 7, 9, 11)で、残りは他作。Barryの歌声をじっくり聴かせるスロー~ミディアム・テンポのバラード系が大半を占めている。

「Ships」はIan Hunterの作で、Hunterの同年のアルバム『』からのセレクト。「I Don't Want To Walk Without You」は40年代にヒットしたポップス・スタンダード。「When I Wanted You」はGino Cunicoの作で、76年のアルバム『Gino Cunico』からのカヴァーである。

ロマンティックで雄大なメロディの「Where Are They Now」は、Barryに「Mandy」(74年)と「Looks Like We Made It」(77年)という2曲の全米No.1ヒットを提供したRichard Kerrの作曲。Leon Wareも82年のアルバム『夜の恋人たち』でこの曲を歌った。

他作の曲から3曲(4, 6, 10)がシングル・カットされ、「Ships」がBillboard Hot 100チャートの9位となるヒットを記録。「When I Wanted You」は20位、「I Don't Want To Walk Without You」も36位をマークした。また、アルバムはBillboard 200チャートの9位を記録している。

本作から1曲を選ぶとしたら、タイトル曲の「One Voice」だろう。自分の声を多重録音して美しく仕上げた圧巻のヴォーカル曲である。山下達郎氏も翌年に1人多重録音のア・カペラ作『On The Street Corner』を出しているが、似たようなことをBarryがこの曲でやっている。

なお、ディスコ長のダンサブルなナンバー「Who's Been Sleeping In My Bed」は、Daft Punkの2012年のアルバム『』に収録の「Superheroes」にサンプリングされ、話題となった。

●収録曲
1. One Voice - 3:01
2. (Why Don't We Try) A Slow Dance / 二人でスロー・ダンス - 4:16
3. Rain / 雨降り - 4:48
4. Ships / 人生は航海 - 4:06
5. You Could Show Me / 愛の手ほどき - 1:45
6. I Don't Want To Walk Without You / 愛なき日々 - 3:54
7. Who's Been Sleeping In My Bed / 幸せは遠い昔 - 4:36
8. Where Are They Now / 灰色の朝 - 3:59
9. Bobbie Lee (What's The Difference, I Gotta Live) - 3:32
10. When I Wanted You / 心の絆 - 3:31
11. Sunday Father - 2:51



関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/07/25 16:36 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/47-bd8d566a
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター