音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

White Heartの1982年作『White Heart』。
White Heart / White Heart
White Heartは、「CCM界のTOTO」の異名を持つ素晴らしいロック・バンド。
1982年に結成されて1997年まで活動し、その間に11枚ものスタジオ・アルバムを残している。
本作は、その記念すべきファースト・アルバムである。

バンドの創設メンバーは、Bill Smiley(k, g, vo), Mark Gersmehl(k, vo), Steve Green(vo), Dann Huff(g, vo), Gary Lunn(b), David Huff(ds, per)の6人。このうち、バンドの活動期間を通じて在籍した中心メンバーは、Bill SmileyとMark Gersmehlの2人である。

リード・シンガーのSteve Greenは、TOTOで言えばBobby Kimball。ちょっとウェットなハイ・トーンが、Bobby同様にとても魅力的だが、残念ながら本作のみでバンドを抜けてしまう。

Dann Huffは、様々なアルバムでその名前を見ることのできる名ギタリスト。
TOTOのSteve Lukatherと同様に、中音域の曲に関しては自らリード・ヴォーカルを取ることができ、本作でも1, 3, 7, 8の4曲でリード・ヴォーカルを担当した。

ドラムスのDavid Huffは、Dann Huffの弟。DannとDavidの兄弟は最初の2, 3枚でバンドを脱退し、Alan Pasqua(k)等と4人組のハードロック・バンド、Giantを1987年に結成する。David Huffは、現在もGiantで活動中である。

TOTOと比べられるのは彼らの本意ではないかも知れないが、アルバムの随所にそれっぽいところを見つけることができるので、TOTO好きには魅力的なアルバムだと思う。

例えば、「He's Returning」の見事なキメは、TOTOの『Hydra』収録の「St. George and the Dragon」そっくりだし、「Guiding Light」の終わりに聴くことのできるDann Huffのギター・ソロは、まるでLukatherみたい。また、「Nothing Can Take This Love」のキメも、どこかGeorgy Porgyを思わせる。

1984年のセカンド・アルバム『Vital Signs』も、ファースト同様のAOR路線とのこと(私は未聴)。日本のCOOL Soundから1998年にCD化されているが、現在は入手困難となっている。ただし、オンデマンド商品(CD-Rで製造)ならば、Amazonから入手可能である。

●収録曲
1. Hold On – 3:37
2. You're the One – 3:56
3. Listen to the Lonely – 3:47
4. He's Returning – 4:23
5. Carry On – 3:56
6. Guiding Light – 3:40
7. Everyday – 4:08
8. Nothing Can Take This Love – 3:40
9. Black Is White – 3:14
10. Go Down Ninevah – 4:30


◆プロデュース: Dann Huff(g, vo), Bill Smiley(k, g, vo)

◆参加ミュージシャン: Steve Green(vo), Mark Gersmehl(k, vo), Gary Lunn(b), David Huff(ds, per)
with Sandi Patti(vo), Michael W. Smith(p), Phil Naish(k), Mark Morris(per), Sam Levine(sax), Greg Guidry(bv)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/11/28 18:59 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/470-122c48c4
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター