音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

James Vincentの1978年のアルバム『Waiting For The Rain』。
James Vincent / Waiting For The Rain (1978年)
James Vincentは、アメリカのラテン・ロック・グループのAztecaに在籍したギタリスト。といっても、1972年のファースト・アルバム『』に参加した後にグループを離れてソロ活動を始めており、80年までに4枚のアルバムを残している。この『Waiting For The Rain』は、3枚目のアルバム。

Aztecaは大所帯のグループで、ファースト・アルバムにはNeal Schonもギタリストとして参加していた。Neal Schonも1枚のみでAztecaを離れ、直後にJourneyを結成している。

James Vincentの最初の2枚のアルバムは、テクニカルなインストゥルメンタル曲が中心だが、本作はヴォーカル曲が中心。2曲(3, 10)を除いて、James Vincentのソウル・フィーリングのある歌声を聴くことができる。

収録された10曲には、他作の3曲がある。アコースティック・ギターの小品「Etude #20」は、アメリカのジャズ・ギタリスト、Jimmy Wybleの作。また、「Daniel, Daniel」を書いたPatrick Cockettと、タイトル曲「Waiting For The Rain」を書いたCarlos Andradeは共に、ハワイのThe Hula Blues Bandのメンバーだ。

「What Does It Profit A Man?」「How Can I Thank You Enough」「The Seventh Day」は、軽やかなグルーヴに乗せた極上のメロウ・チューン。The Hula Blues Bandのメンバー作の「Daniel, Daniel」「Waiting For The Rain」もメロウだが、そちらは南国のしっとりした湿度を湛えた、ひと味違うメロウ感覚。

一方、「Resistance」や「Babylon Is Fallen」は、70年代前半のスピリチュアルなSantana、あるいはMahavishnu Orchestraあたりを彷彿とさせるジャズ・ロック。

また、Chicagoのようなブラス・ロックの「People Of The World」「Soon Comes The Son」もある。James Vincentは60年代にThe Exceptionsというバンドに在籍しており、そこにはChicago結成前のPeter Ceteraもいた。そうした影響もあるかも。

ジャンルの垣根を越えて音楽性を融合させる、まさに "クロスオーバー" なアルバム。なお、James Vincentは97年にアルバム制作を再開し、ジャズ・ロック寄りのアルバムを自主制作している模様。Apple Musicなどで検索すると、8枚ほどが見つかる。

●収録曲
1. What Does It Profit A Man? - 4:50
2. Resistance - 4:52
3. Etude #20 - 1:16
4. Daniel, Daniel - 3:10
5. People Of The World - 4:39
6. How Can I Thank You Enough - 4:55
7. Soon Comes The Son - 3:48
8. Waiting For The Rain - 3:12
9. The Seventh Day - 6:11
10. Babylon Is Fallen - 3:09


◆プロデュース: James Vincent(vo, g, k)

◆参加ミュージシャン: Ron Stockert(k), Steve Evans(b), Tom Donlinger(ds), Pat Murphy(per), Carla Vincent(per, bv), Seawind Horns


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2018/10/14 16:15 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/473-fcf3eb75
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Boz Scaggs / Middle Man 2019/07/16
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2019/07/13
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2019/07/09
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2019/07/06
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2019/07/04
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ