音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

The Keane Brothersの1979年作『Taking Off』。
The Keane Brothers / Taking Off (1979年)
The Keane Brothersは、兄のTom、弟のJohnのKeane兄弟によるポップ・ソウル・デュオ。
Tomが12歳、Johnが11歳の1976年に、Dwayne Fordの書いた「Sherry」でシングル・デビューし、翌年にDavid Fosterプロデュースの下でデビュー・アルバム『』をリリースするという、とても恵まれた兄弟である。

本作は、彼らのセカンド・アルバム。
プロデューサーには前作のDavid Fosterに加えて、TOTOのDavid Paich、そしてモータウン・レコードの名ヒット・メーカーであるLamont Dozierを迎え、Foster & Paichのペアが2曲(1, 5)を、Lamont Dozierが残りをプロデュースするという、前作以上に恵まれたアルバムである。

本作にはカヴァー曲が3曲(2, 4, 8)ある。
「Dancin' In The Moonlight」は、King Harvestの1972年のアルバム『』のタイトル曲で、Billboard Hot 100チャートの13位のヒットを記録したナンバー。

「Contract On Love」はLamont Dozier作で、Stevie Wonderの1966年のアルバム『』の収録曲。

そして、「I Wanna Be Where You Are / ボクはキミのマスコット」は、Michael Jacksonの1972年のソロ・デビュー作『』に収録された曲(Billboard Hot 100チャートの16位をマーク)。作者はDiana Rossの弟であるArthur Rossと、Leon Wareだ。

残り7曲については、Tom Keaneが2曲(3, 9)、David Paichが1曲(1)、Foster & Paichで1曲(5)、Lamont Dozierが2曲(6, 7)、Fred Rainが1曲(10)を書いた。

Foster & Paichプロデュースの曲は、Boz Scaggsの『Silk Degrees』あたりに収録されていても違和感のない、高揚感のあるダンサブルなナンバー。一方、Lamont Dozierがプロデュースした曲は、モータウン・サウンドのポップで柔らかな香りがする。

本作のベストを1曲挙げるならば、Tom Keane作の「You're Running Away」だろう。洗練度の高いシティ・ソウルで、メロディもリズムも洒落ている。Tomはまだ15歳。声にあどけなさが残るが、曲作りにおいては何とも成熟した15歳である。

ラスト・ナンバーの「Candy」もクラブ・クラシックとなっているようだ。
The SoftonesとFirst Classという2つのヴォーカル・グループが共演した同年のアルバム『』で、この曲がカヴァーされている。

●収録曲
1. Is Love Not Enough - 3:29
2. Dancin' In The Moonlight - 3:34
3. You're Running Away - 3:04
4. Contract On Love - 4:55
5. One Thing On My Mind - 3:27
6. Taking Off - 4:40
7. Pure Love - 3:18
8. I Wanna Be Where You Are / ボクはキミのマスコット - 3:26
9. Rain Or Shine - 3:32
10. Candy - 3:51


◆プロデュース: Lamont Dozier, David Foster(k), David Paich(k)

◆参加ミュージシャン: Tom Keane(vo, k), John Keane(vo)
with David T. Washington(g), Ed Watkins(b), James Gadson/Rick Calhoun(ds), Paulinho Da Costa(per), Waters(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/12/02 19:55 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/474-eacc2209
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
AOR名盤(1978年) - Jerry Corbetta / Jerry Corbetta 2017/11/08
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp