音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Googie And Tom Coppolaの1980年作『Shine The Light Of Love』。
Googie And Tom Coppola / Shine The Light Of Love (1980年)
Googie And Tom Coppolaは、男性キーボード奏者のTom Coppolaと、女性シンガーのGoogie Coppolaによる夫妻デュオ。本作は、彼らの唯一のアルバムである。

夫婦のデュオというと、SeawindのBob WilsonとPauline Wilson夫妻のユニットであるBob & Pauline Wilsonや、そのアルバム『Somebody Loves You』を思い出すが、本作の音は、この『Somebody Loves You』にとても近い。サウンドの質感が近いだけでなく、Googie Coppolaのキュートで美しい声や音域、歌唱法がPauline Wilsonに似ているのだ。

曲は、プロデューサーのJerry Petersが提供した2曲(2, 8)を除いて、Coppola夫妻の作品であり、どれもポップ・フュージョン・タッチのヴォーカル曲。

「Shine The Light Of Love」「Everything Is Coming To The Light」「Joyous Flame」「Family Man」といったCCMっぽいタイトルの曲があるが、実際に本作はCCMのアルバムのようで、Special Thanksの筆頭には "The Lord Jesus" の記載がある。

本作のジャケットがハート・マークだらけなのも、夫婦のラヴラヴ感を出しているのではなく、いわゆる慈愛ということのようだ。インナー・フォトを見ると、夫妻仲も睦まじいことが良く分かるが…
Googie And Tom Coppola / Shine The Light Of Love (インナー・フォト)

Tomの浮遊感あるキーボードと、Googieの天使のような可憐な歌声の相性はピッタリで、それがこのデュオの一番の魅力となっている。また、Googieの歌唱は表情も豊かであり、例えば「Broken Wings」の声の感じや歌い方は、Kate Bushかと思わせるほどミステリアスだ。

タイトル曲「Shine The Light Of Love」のインパクト、破壊力は中々のもの。
ファンキーで軽快なグルーヴに乗せて、Googieが弾けるようにキュートな歌声で "Shine the light of love, let it shine, let it shine" というフレーズを延々と繰り返す。このウキウキ感が結構病みつきになる。

●収録曲
1. Shine The Light Of Love - 5:18
2. Broken Wings - 5:09
3. Nothing In This World - 5:22
4. Everything Is Coming To The Light - 3:38
5. Missing Love - 5:16
6. Joyous Flame - 5:11
7. Let This River Flow - 2:52
8. Family Man - 6:39


◆プロデュース: Jerry Peters(k, ar), Googie Coppola(vo, ar), Tom Coppola(k, ar)

◆参加ミュージシャン: Greg Poree/Paul Jackson Jr./John Rowin(g), Eddie Watkins/Wayne Douglas(b), Raymond Pounds/NateNeblett(ds), Bobbye Hall/Paulinho Da Costa(per), Ernie Watts(Woodwinds), Jerry Hey(tr), Angela Winbush/Maxi Anderson/D.J. Rogers(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/12/03 20:19 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/475-238d1884
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Steely Dan / Aja (彩(エイジャ)) 2017/11/19
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp