音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Robert Johnの1980年作『Back On The Street』。
Robert John / Back On The Street (1980年)
Robert JohnはNY生まれのシンガー・ソングライター。以前にこのブログで紹介したDavid Lasleyと同様、ファルセット主体で歌うシンガーである。幼少の頃からシンガーとして活動しており、12歳の時には「White Bucks and Saddle Shoes」が全米チャート(Billboard Hot 100チャート)の79位となり、早くもチャート・インを果たしている。

声変わりをしてからはファルセット唱法になり、1972年には「The Lion Sleeps Tonight / ライオンは寝ている」を歌って、これが全米チャート3位となるヒットを記録。さらに、1979年のサード・アルバム『Robert John』からは「Sad Eyes」が大ヒットし、遂に全米チャートの1位を獲得した。

本作は、Robert Johnの4枚目のアルバムである。
ヒットした前作に続き、George TobinとMike Piccirilloがプロデュースを担当した。

収録曲のうち、2曲(2, 6)はカヴァー曲。また、Gary GoetzmanとMike Piccirilloのソングライター・チームが4曲(1, 4, 5, 9)を提供し、残りの曲をRobert Johnが書いている。

「Hey There Lonely Girl」は、R&BシンガーのEddie Holmanが1969年に歌って全米チャート2位を記録した曲。山下達郎が1978年のライヴ・アルバム『』でこの曲を歌っている。もう1つのカヴァー曲「Sherry」は、The Four Seasonsを代表する1962年のヒット曲。ファルセット唱法にピッタリの曲だ。
本作からはこの2曲がシングル・カットされ、各々全米チャートの31位と70位をマークしている。

Robert Johnの奇麗なファルセットを生かすドリーミーな曲が多いので、渋めのAORを好む方の耳には合わないかもしれないが、Robert Johnの自作の曲には、「Winner Take All」「Hurtin' Doesn't Go Away」など、ミディアム・テンポの哀愁漂う曲もある。

なお、タイトル曲「Back On The Street Again」だけは地声で歌っている。これが実に爽やかな声で、もっと地声で歌っても良いのにと思ってしまう。

1979年のサード・アルバム『Robert John』はCD化されていないが、ベスト盤『』の収録曲の半分はこのサード・アルバムから選曲されており、お薦めだ。

●収録曲
1. (So Long) Since I Felt This Way - 3:35
2. Hey There Lonely Girl - 3:07
3. Just One More Try - 3:32
4. On My Own - 3:30
5. Give Up Your Love - 3:16
6. Sherry - 3:10
7. Winner Take All - 3:53
8. Hurtin' Doesn't Go Away - 3:41
9. Back On The Street Again - 4:14
10. You Could Have Told Me - 3:22


◆プロデュース: George Tobin(ar), Mike Piccirillo(g, k, bv, ar)

◆参加ミュージシャン: Bill Neale(g), Stewart Levin/Bill Cuomo(k), Scott Edwards(b), Craig Crampf/Ed Greene(ds), Joel Peskin(sax), Edna Wright/Darlene Love(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/12/07 19:27 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/479-b3bf7472
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
AOR名盤(1978年) - Jerry Corbetta / Jerry Corbetta 2017/11/08
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp