音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Brock Walshの1983年作『Dateline:Tokyo』。
Brock Walsh / Dateline:Tokyo
Brock Walshは、NY生まれのソングライター。Pointer Sisters、Robbie Nevil、The Manhattan Transfer、EW&F、Gino Vannelliなど、多くのアーティストに曲を提供しており、またプロデューサーとしても、Andrew Goldの1978年のアルバム『All This & Heaven Too / 幸福を売る男』をAndrewと共同プロデュースするなどの活動をしている。実は、名門ハーバード大を卒業した才人だ。

本作はBrock Walshの唯一のアルバム。しかも、日本のみで発売されたアルバムであり、タイトルには "Tokyo" というワードが入った。

プロデュースは、Andrew GoldとBrock Walshが共同で実施。
曲は全てオリジナルで、10曲のうち6曲は他のライターとの共作である。

タイトル曲の「Dateline: Tokyo」は、当時のテクノ・ポップの雰囲気が感じられるキャッチーなナンバーで、本作からの1stシングル。

「After The Lights Go On」は、重厚かつドラマティックな曲。後半からエンディングへと続くSteve Lukatherのギター・ソロがクール&エモーショナルで、とても聴き応えがある。

軽快な「Mystery Girl」は、The Kazu Matsui Projectの1984年のアルバム『Is That The Way To Your Heart』でカヴァーされた。ちょっと意外な感じがするが…

「Mystified」は、本作の中でひと際美しいバラード。Michael Jacksonに歌ってもらうことをイメージして書いたらしいが、実際は、アメリカのTV番組『The Other Woman』のテーマ曲として使われた。

「Paper Doll」も、アメリカのTV映画『Paper Doll』(1984年)の主題歌として使われた曲。ストレートなロック・ナンバーで、哀愁を帯びたメロディがカッコいい。

「Getting Over Losing You」は、ソングライターのMartin Brileyと共作したナンバー。Barry Manilowが1982年のアルバム『Here Comes The Night』でこの曲を歌っている。

ラストの「Our Special Love」は、奥様のJoy Walshとの共作。「Mystified」と肩を並べる美しいバラードで、Brock Walshのセンチメンタルな歌唱も素晴らしい。

本作はCool Soundから2001年にCD化されたが、その際にもう1枚、『Songs From The Moon Room』というバラード中心のデモ集もCD化されている。こうしたCD化への熱心な取り組みには、いつも感心させられる。

●収録曲
1. Dateline: Tokyo
2. After The Lights Go On
3. Mystery Girl
4. Mystified
5. This Time
6. Paper Doll
7. Radical Moves
8. Sweet Emotion
9. Getting Over Losing You
10. Our Special Love


◆プロデュース: Andrew Gold(g, k, b, per, bv), Brock Walsh(vo, g, k, per)

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Dennis Herring(g), Bill Elliott(k), John Van Tongeren/Tom Faragher(sy), Kenny Edwards/Scott Chembers/Bryan Garofalo/Brad Palmer/Davey Faragher(b), Jeff Porcaro/Michael Botts/Beau Segal(ds), Mathew Wilder(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/12/10 16:57 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/482-d5ee38a5
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター