音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Michael Johnsonの1979年作『Dialogue』。
Michael Johnson / Dialogue
Michael Jonsonは、コロラド生まれのシンガー・ソングライター。ライターよりはシンガー寄りのスタンスで、アコースティックな風合いの安らぎ系の曲を丁寧に歌うイメージがある。

本作は、通算5枚目のアルバム。
1978年の前作『The Michael Johnson Album』では、プロデュースをSteve GibsonとBrent Maherが担当し、Bill LaBounty、Tom Snow、Randy Goodrum、Eric Kaz等、AOR系のライターの曲を多く取り上げた。その中から、Randy Goodrumの提供した「Bluer Than Blue」がBillboard Hot 100チャートの12位となるシングル・ヒットを記録している。

本作も、前作の路線を踏襲した内容。
プロデューサーは前と同じ二人が担当し、曲に関しても、AOR系のソングライターからこれぞという勝負曲をチョイスした。この選曲が素晴らしく、さながら「切ないアコースティック名曲集」といった趣きの見事な内容である。

主だった曲の作者は以下のとおり。
「This Night Won't Last Forever」はBill LaBounty作の有名曲。本作からのファースト・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの19位を記録した。原曲は、Bill LaBountyの1978年のアルバム『This Night Won't Last Forever / 涙は今夜だけ』のタイトル曲である。また、「Drops Of Water」もBill LaBounty作で、こちらは1979年のアルバム『Rain In My Life』の収録曲だ。

「Let This Be A Lesson To You」「I'll Always Love You」「Dialogue」の3曲はTom Snow作。
しっとりしたアコースティックの名品「I'll Always Love You」は、SnowとEric Kazの共作である。

優しいメロディがじんわりと心に沁みる「The Very First Time」と「Doors」の2曲は、Randy Goodrum作。「Doors」に関しては、Randy Goodrumも1992年のアルバム『An Exhibition / キリング・タイム』でセルフ・カヴァーした。

もの哀しい「She Put The Sad In All His Songs」は、Robert ByrneとMac McAnallyの共作。Robert Byrne自身も、同年のアルバム『Blame It On The Night / ワン・ナイト・ロマンス』でこの曲を歌っている。

そして、「I Just Can't Say No To You」はParker McGee作。Parker McGeeのワン&オンリー作『Parker McGee』(1976年)から選ばれた、切なさいっぱいの曲…

一人しんみりした気分に浸りたいときに、もの凄くお薦めのアルバムである。

●収録曲
1. This Night Won't Last Forever - 3:59
2. Let This Be A Lesson To You - 3:30
3. The Very First Time - 3:11
4. Drops Of Water - 3:18
5. I'll Always Love You - 3:49
6. Doors - 3:09
7. Blackmail - 4:46
8. She Put The Sad In All His Songs - 3:31
9. I Just Can't Say No To You - 3:14
10. Dialogue - 4:25


◆プロデュース: Brent Maher, Steve Gibson(g)

◆参加ミュージシャン: Michael Johnson(vo, g), Jon Goin(g), Randy Goodrum(k, bv), Shane Keister/Tom Snow(k), Jack Williams(b), Kenny Malone(ds), Michael Brecker/David Sanborn(sax), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/12/16 18:44 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(2)
コメント
マイケルジョンソンはカセットテープを持っていた記憶がありますが殆ど聴かなかったのでもう一度トライして見たいと思います。
2016/12/17 15:12 ローリングウエスト URL [ 編集 ]
カセットテープ
それはとても貴重なカセットテープですね。是非トライしてみて下さい。
ここ数年、レコード盤と同じように、カセットテープを見直す動きがあるようですね。
レコード・プレイヤーとカセット・デッキを大昔に捨ててしまったことを後悔しています…
2016/12/17 17:39 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/488-6e824fc1
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター