洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

The Alan Persons Project / Eye In The Sky (1982年) - アルバム・レビュー

2011年10月29日
Progressive Rock 4
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、The Alan Persons Projectの1982年のアルバム『Eye In The Sky』の紹介です。
The Alan Persons Project / Eye In The Sky (1982年)
タイトル曲「Eye In The Sky」は、憂いのあるメロディと、
I am the eye in the sky
Looking at you
I can read your mind
というフレーズがとても印象的な名曲です。

このアルバムにはもう1曲、「Old And Wise」という名曲があります。メロディの美しさは「Eye In The Sky」に引けをとりませんが、素晴らしいと思うのは、その歌詞。とても含みのある歌詞だと思います。
And someday in the mist of time
When they ask you if you knew me
Remember that you were a friend of mine
As the final curtain falls before my eyes
Oh when I'm old and wise

憂いのあるヴォーカルはColin Blunstone。秋から冬にかけての季節に合うアルバムです。

●収録曲
1. Sirus (Instrumental)
2. Eye In The Sky
3. Children Of The Moon
4. Gemini
5. Silence And I
6. You're Gonna Get Your Fingers Burned
7. Psychobabble
8. Mammagamma (Instrumental)
9. Step By Step
10. Old And Wise


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント4件

コメントはまだありません

キュアアップル

分かります、それ

秋から冬にかけてAPP合いますね
Old And Wise良いですよね
あの哀愁溢れる声の持ち主ってなかな解放いませんからね
キャッチーなEye in the Skyとかももちろん良いです
シングルバージョンはその前のイントロのようなシリウスからのブツ切りに聞こえるのは
ラジオオリエンテッドって仕方ないところですけどね

2019年09月15日 (日) 22:50
Warm Breeze

Warm Breeze

Re: 分かります、それ

こんばんは

この記事、随分昔に書いたものですが、コメントありがとうございます。確かに、Alan Persons Projectが似合う季節になって来ましたね。このアルバムや『Ammonia Avenue』を久々に聴きたくなりました。

2019年09月15日 (日) 23:19

キュアアップル

もしかして

WBさんが最初に書いたのはどのアルバムかなって思って見てたらAPPだったのでそれについてコメしました
他見てると同い年に近いかも自分も80年代初めの中学生の頃から洋楽を聴き始めたものですからね
ちな、クイーンの「愛という名の欲望」が
初めてで衝撃的でした
だからといってロカビリーの代表格エルビスに行くわけではないんですけどね
せんだみつおのオールジャパンポップ20に始まりラジオ関東のアメリカントップ40を聞くのが楽しみな時代でしたね

2019年09月17日 (火) 19:41
Warm Breeze

Warm Breeze

Re: もしかして


こんばんは

そうだったんですね。確かに、同い年に近いかも。クイーンの「愛という名の欲望」が初めてというのはナイスです。あの曲、カッコいいですね。『ザ・ゲーム』の収録曲はどれもクールです。自分もラジオからいろんな曲を知りました。テレビでは、小林克也氏のベストヒットUSAを欠かさず見てました。今もですけど…(笑)

2019年09月17日 (火) 22:43