洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Gino Cunico / Gino Cunico (1976年) - アルバム・レビュー

2017年01月04日
AOR名盤(1974~1976年) 2
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Gino Cunicoの1976年作『Gino Cunico』の紹介です。
Gino Cunico (1976年)
Gino Cunicoはオーストラリア出身のミュージシャン。幼少期にオーストラリアのエンターテインメントの世界で仕事を始め、70年代に入ると、ギタリストのRay Burtonと組んだBurton & Cunicoとして1枚、ソロとして2枚のアルバムを残した。本作は、2枚目のソロ・アルバムである。

本作のプロデュースは、Ringo StarrやMelissa Manchester、The Faragher Brothers、KISSなどのアルバムを手掛けた大物プロデューサーのVini Ponciaが担当。

収録された10曲のうち、Gino Cunicoが書いた曲は3曲(2, 4, 8)と少なく、カヴァー曲や外部のライターの曲が多くを占める。Ginoの歌の上手さを引き立たせる良質なメロディを揃えたポップ・ヴォーカル・アルバムだ。

「Daydreamer」は、David Cassidyの1973年のアルバム『』の収録曲。その年のUKチャートで1位を記録したヒット曲である。

「Fanny (Be Tender With My Love)」はBee Geesの1975年のアルバム『Main Course』からのセレクト。Bee Geesのシングルは、Billboard Hot 100チャートの12位を記録している。オーストラリアで仕事をしていた頃に、GinoはBee Geesのメンバーと親交があったようだ。

「Can't Smile Without You」は、The Carpentersの同年のアルバム『』にも収録された。また、Barry Manilowの1978年のアルバム『』でもカヴァーされ、Billboard Hot 100チャートの3位となる大ヒットを記録する。

「Don't Throw It All Away」は、同じオーストラリア育ちのOlivia Newton-Johnが1976年のアルバム『』で歌った。

Gino Cunicoが書いた曲のうち、「When I Wanted You」は、Barry Manilowの1979年のアルバム『One Voice』でカヴァーされ、Billboard Hot 100チャートの20位をマーク。また、「She's Sweet, She's Somebody」もGene Cottonを始め、様々なアーティストに歌われている。

なお、「When I Wanted You」のさびの部分は、CCM界の重鎮であるChris Christianの1981年のアルバム『Chris Christian』に収録された「I Want You, I Need You」とそっくり。順序からすると、Chris Christianの方が真似(?)をしたということになるのかな?

●収録曲
1. Daydreamer - 3:25
2. She's Sweet, She's Somebody - 3:11
3. Can't Hold On Any Longer - 2:52
4. When I Wanted You - 3:48
5. Fanny (Be Tender With My Love) - 3:36
6. Can't Smile Without You - 3:26
7. Don't Throw It All Away - 3:24
8. Don't Get Around Much Anymore - 3:40
9. Emptiness - 3:43
10. Can't Hold On Any Longer (Reprise) - 1:25


◆プロデュース: Vini Poncia, Gino Cunico(vo)

◆参加ミュージシャン: David Wolfert/Caleb Quaye(g), James Newton Howard(k), Jim Keltner(ds), Lenny Castro(per), Melissa Manchester/The Faragher Bros.(bv), Barry Fasman(strings ar), Tom Saviano(horn ar), etc


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント2件

コメントはまだありません

ゆういち

ついに

価格が高騰していた本作もついに AOR CITY 1000 第二弾でリイシューされますね!
ワクワクです。

2017年06月11日 (日) 11:41

Warm Breeze

Re: ついに

ゆういちさん、こんにちは

今年もやりますね! 私はFCCの『ドゥ・ユー・ビリーヴ・イン・マジック?』に目が釘付け…。8月が待ち遠しいですね!

2017年06月11日 (日) 14:30