音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

LeBlanc & Carrの1977年作『Midnight Light』。
LeBlanc & Carr / Midnight Light
LeBlanc & Carrは、マッスル・ショールズでセッション・ギタリストとして活動していたPete Carrと、シンガー・ソングライターのLenny LeBlancが結成したデュオ。本作は、LeBlanc & Carrの唯一のアルバムである。

前の年に、二人は共に最初のソロ・アルバムを出しており、お互いに相手のアルバムに参加している。
Peteのファースト・アルバム『Not A Word On It』にはLennyがベーシストとして参加し、続いてLennyのファースト・アルバム『Lenny LeBlanc』のプロデュースをPeteが担当した。

本作のプロデュースもPete Carrが担当。
収録曲に関しては、Peteが3曲(3, 8, 10)、Lennyも3曲(2, 4, 9)を書き、残りはカヴァー曲や外部のライターの曲をセレクトしている。

Lennyの曲は、優しさ溢れるメロディをじっくり聴かせるバラード系であり、一方のPeteの曲は、カラッと乾いたギターを気持ちよく響かせるロック系。二人の書く曲のコントラストがとても良い。

中でも、Lennyの書いた「Falling」は、ドリーミーなメロディを爽やかなハーモニーで包んだバラードの名品。シングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの13位となるヒットを記録した。

「Stronger Love」は、Peteと同じマッスル・ショールズで活動する名ソングライターのRobert Byrne作。極上のメロウ・グルーヴを纏った、爽やかなナンバーだ。

カヴァー曲のうち、「Something About You」はFour Topsの1965年のヒット曲(Billboard Hot 100チャートの19位をマーク)。これをご機嫌に演奏している。また、「Johnny Too Bad」は、Jimmy Cliff主演の1972年の映画『The Harder They Come』のサウンド・トラックに収録された渋いナンバー。サントラではレゲエ・グループのThe Slickersが演奏した。「Desperado」は、The Eaglesのお馴染みの名曲。1973年の名盤『Desperado / ならず者』のタイトル曲である。

前年に出された二人のソロ・アルバムもお薦め。特にPete Carrの『Not A Word On It』は、Peteが気持ち良さそうにギターを弾きまくるロック・フュージョン・アルバムであり、Jeff Beckあたりが好きな人も気に入ると思う。

●収録曲
1. Something About You - 3:16
2. Falling - 3:08
3. How Does It Feel (To Be In Love) - 3:45
4. Midnight Light - 3:30
5. Stronger Love - 3:40
6. Johnny Too Bad - 3:10
7. Desperado - 4:34
8. Coming And Going - 3:05
9. I Need To Know - 3:30
10. I Believe That We - 4:18


◆プロデュース: Peter Carr(g, bv, ar)

◆参加ミュージシャン: Lenny LeBlanc(vo, ag)
with Robert Byrne(g), Randy McCormick/Clayton Ivey(k), Bob Wray(b), Roger Clark(ds), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/01/05 15:50 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/504-e3bff61b
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター