音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Steve Gibbの1979年作『Let My Song / モノクローム』。
Steve Gibb / Let My Song
Steve Gibbはカントリー・ポップ界のシンガー・ソングライター。本作はSteveの唯一のアルバムであるが、日本では、田中康夫氏の小説『なんとなく、クリスタル』に、3曲目の「Tell Me That You Love Me」が取り上げられたことで大きく注目された。

収録された曲は全てSteveのオリジナルで、2, 3, 6, 9の4曲はプロデューサーのBuzz Casonとの共作である。
Buzzとの共作曲は「Tell Me That You Love Me」を除いてビートが効いているが、それ以外の曲はどれも、静かなピアノの音色に導かれてSteveがしっとりと歌うバラードである。

Steveの書くバラードは様々なアーティストに歌われた。
「She Believes In Me」は、カントリー界の大物であるKenny Rogersが1978年のアルバム『Gambler』で歌い、そのシングルは翌年にBillboard Hot 100チャートの5位となるヒットを記録。

日本でSteveが知られるきっかけになった「Tell Me That You Love Me」は、盲目の女性カントリー・シンガーのTerri Gibbsが1981年のアルバム『Somebody's Knockin'』で歌っている。

「If I Ever Had To Say Goodbye To You」は、女性ポップ・シンガーのHelen Reddyが1978年のアルバム『We'll Sing In The Sunshine』で歌った他、イギリスの俳優Dennis Watermanも、1977年のアルバム『Waterman』で歌っている。

「Look What You've Done」は、女性カントリー・シンガーのDonna Fargoが1980年のアルバム『Fargo』で、Paul Ankaも1981年のアルバム『Both Sides Of Love』でカヴァーした。

Steve Gibbはけっして歌の達者なミュージシャンではないと思うが、その誠実で丁寧な歌い方にはとても好感をもてる。白いピアノを写したモノクロのジャケットのように、静かで落ち着いたAORアルバムだ。ちなみに、Bee GeesのBarry Gibbの息子もSteve Gibbだが、別人。そちらはハード・ロック・シーンで活躍している。

●収録曲
1. She Believes In Me - 3:58
2. What Could You Know (About Love) - 3:44
3. Tell Me That You Love Me - 3:23
4. Whiskey Dreams & Nursery Rhymes - 3:29
5. If I Ever Had To Say Goodbye To You - 2:58
6. Don't Blame It On Love - 3:43
7. Look What You've Done - 3:23
8. Just An Ordinary Man - 3:35
9. Rock Me Off - 3:55
10. Me & You - 3:59


◆プロデュース: Buzz Cason(k, bv)

◆参加ミュージシャン: Steve Gibb(vo, p), Steve Gibson/Jon Goin(g), Randy Goodrum/Mike Lawler/Bobby Ogdin(k), Jack Williams/Joe Osborne(b), Jerry Carrigan(ds), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/01/06 15:00 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/505-cf9100f2
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター