音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Leslie Smithの1982年のアルバム『Heartache』。
Leslie Smith / Heartache (1982年)
Leslie SmithはL.A.を拠点に活動するソウル/R&Bシンガー。70年代は白人・黒人混成の大型グループであるCrackin'のヴォーカリストとして活躍し、Crackin'解散後は実力派セッション・シンガーとして息の長い活動をしている。ソロ・アルバムは82年と92年に1枚ずつあり、特に82年作は名作として知られている。

本作をプロデュースしたPeter BunettaとRick ChudacoffもCrackin'の元メンバー。二人はCrackin'のリズム・セクションを担当していたが、グループ解散後はBunetta&Chudacoffというプロデューサー・チームとして活躍した。他の参加ミュージシャンのうち、Lester Abrams(sy), Arno Lucas(per, bv), Brian Ray(g)もCrakin'の旧友である。

収録曲のほとんどはカヴァー曲や他のライターの書き下ろしであり、Leslie Smithが書いたのは、Lester Abramsと共作した「Don't Shut The Door (On My Love)」の1曲のみ。クオリティの高い曲を見事に揃えたアルバムである。

1曲目の「It's Something」は、Brenda RussellとDavid Fosterによる共作。洗練された爽やかなナンバーで、Brenda Russellも83年のアルバム『Two Eyes / 出逢いのときめき』でセルフ・カヴァーした。

ポップ&メロウな「Before The Night Is Over / 夜の終わりに」は、Merry Claytonとのデュエット曲。シングル・カットされ、R&Bチャートでは71位まで到達した。ちなみにMerry Claytonは、The Rolling Stonesの「Gimmie Shelter」(69年)でMick JaggerとデュエットしたR&Bシンガーである。

華やかな「Nothin' You Can Do About It」は、Foster, Jay Graydon, Steve Kipnerによる共作で、Airplayの80年のアルバム『Airplay / ロマンティック』の収録曲。AirplayではTommy Funderburkがロックシンガー・スタイルの高音で歌ったが、Leslie Smithは爽やかなテナー・ヴォイスで歌っている。

ソウルフルでビターな「Love's A Heartache / 愛の傷跡」はNed Doheny作の名曲。ギタリストのRobben Fordが83年のヴォーカル・アルバム『Love's A Heartache / ホイールズ・オブ・ラブ』で自ら歌った他、Ned Dohenyも88年のアルバム『Life After Romance』でセルフ・カヴァーしている。

この他にもPieces(ピーセス)のリーダー格であるGeoffrey Lieb等が書いた「Dream On」や、Brock Walsh等の「Do You Still Remember Me」など、AORファンには名の知れたソングライターの曲を歌っている。

このアルバムは、2012年に日本のヴィヴィド・サウンドから念願のCD化が実現した。紙ジャケット仕様になっており、オリジナルのジャケットに加えてLP発売当時の国内盤のジャケットが付属するという心づくしのCD化であった。国内盤のアートワークもなかなか美しいが、オリジナルのジャケットに写るLeslie Smithの熱い眼差しの魅力にはかなわない。
Leslie Smith / Heartache (1982年) (国内盤フロント・カヴァー)

●収録曲
1. It's Something - 3:48
2. I'm On The Outside Looking In / アウトサイド・ルッキング・イン - 3:21
3. Before The Night Is Over / 夜の終わりに - 3:35
4. Don't Shut The Door (On My Love) - 4:03
5. Dream On - 4:13
6. Nothin' You Can Do About It - 4:25
7. Love's A Heartache / 愛の傷跡 - 4:46
8. Do You Still Remember Me - 4:00
9. If You're In Love - 4:14


◆プロデュース: Peter Bunetta(ds, per), Rick Chudacoff(b, k)

◆参加ミュージシャン: Ned Doheny/Brian Ray/Dennis Herring(g), Bill Elliot(k), Arno Lucas(per, bv), Joe Lala(per), Norton Buffalo(harmonica), Kal David(sitar, bv), Lester Abrams(sy), Merry Clayton(vo), Arnold McCuller/Matthew Wiener(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/05/27 09:12 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
コメント
穏やかな夜にぴったり
今日みたいな穏やかな夜にピッタリ。
レスリーの声って、白人っぽいんで、AORにもぴったりなんですよね。1曲目も大好きですが、意外と3連系ミディアムナンバーの「Dream On」なんかが大好きです。あとシングルカットされた「Before The Night Is Over」もいいですよね~。また聴きたくなってきました。
2017/05/27 19:55 240 URL
Re: 穏やかな夜にぴったり
240さん、こんばんは。

確かに今日ぐらいの涼しさがある夜にピッタリですね~。
Leslie Smithの声は爽やか系ですよね。その爽やかさは、Marvin Gayeにも通じるものがあります。というか、Marvin Gayeをもっと爽やかにした感じ。240さんの記事も拝見しました。やはり初CD化の際に購入されたのですね。私も待ちに待ったという感じで購入しました。
2017/05/28 00:37 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/51-cf7b29e1
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター