音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Watersの1977年作『Waters』。
Waters / Waters
Watersは、男性2人(Luther, Oren)、女性2人(Maxine, Julia)の兄弟4人によるコーラス・グループ。売れっ子のセッション・シンガーとして、70年代から現在に至るまで、数多くのアルバムのバック・コーラスを担当する傍ら、自分たちのアルバム制作も行っており、本作は彼らのセカンド・アルバムである。

本作のプロデュースは、Steve BarriとMichael Omartianが担当した。このコンビは、同年のAlan O'Dayのアルバム『Appetizers / アンダーカヴァー・エンジェル (恋のメニュー)』や、Dionne Warwickのアルバム『Love At First Sight』のプロデュースも手掛けている。

二人はRhythm Heritageという、Omartianが結成したディスコ・ファンク・バンドでも活動を共にしており、Scott Edwards(b)、Ed Greene(ds)、Victor Feldman(per)、Jay Graydon/Ray Parker. Jr.(g)等、Rhythm Heritageの他のメンバーが本作にもそのまま参加した。

収録された9曲のうち、Watersのメンバーが書いたのは共作も含めると、Maxineの「What Am I Doing Wrong」、Orenの「Could It Be The Magic」と「We Can Change It」、Julia&Lutherの「Party, Party」、Lutherの「Peace At Last」の5曲。残りは、Omartian夫妻の書いた「One Good Reason」や、Jay Graydon等の書いた「If There's A Way」などとなっている。

ドラムスにはEd Greene以外にTOTOのJeff Porcaroが参加しており、Ed Greeneは2曲(1, 4)のみで、殆どの曲をJeffが叩いている。JeffのしなやかなグルーヴとWatersのエレガントなヴォーカルとの相性はバッチリ。引き締まったファンク・チューンからメロウ・ソウルまで、曲に合わせて表情を変えながら互いの良さを引き出している。

Watersはジャンルを問わず様々なアルバムに参加しているので、クレジットを見ると「えっ、このアルバムでも…」という驚きもしばしば。例えばハード・ロック系では、Guns N' Rosesの1991年の大作『Use Your Illusion II』に収録の「Knockin' On Heaven's Door」や、David Lee Rothの1986年のヒット作『Eat 'Em And Smile』のラスト・ナンバー「That's Life」も、バック・ヴォーカルは彼らである。

●収録曲
1. The Other Side Of Midnight - 3:51
2. I Just Wanna Be The One (In Your Life) - 3:50
3. What Am I Doing Wrong - 3:56
4. One Good Reason - 3:44
5. If There's A Way - 4:19
6. Could It Be The Magic - 4:26
7. Party, Party - 4:02
8. We Can Change It - 4:41
9. Peace At Last - 5:20


◆プロデュース: Steve Barri, Michael Omartian(k, ar)

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon/Ray Parker Jr.(g), Scott Edwards(b), Jeff Porcaro/Ed Greene(ds), Victor Feldman(per), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/01/12 20:04 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/511-316e142f
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター