音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Brian Elliotの1978年作『Brian Elliot / 君と一緒に』。
Brian Elliot / Brian Elliot (君と一緒に)
Brian Elliotは、Madonnaの1986年の全米No.1ヒット曲「Papa Don't Preach」の作者として知られるソングライター。本作は、Brian Elliotが残した唯一のアルバムである。

Brianに関しては、「Papa Don't Preach」以外には目立った活動が知られていない。Christina Vierraの1988年のアルバム『Christina Vierra』をプロデュースしたり、Chris Isaakの1993年のアルバム『San Francisco Days』に曲を提供したりしているが、神々しく輝く「Papa Don't Preach」の成功と比べると埋もれてしまう。また小倉エージ氏のCD解説によると、サンフランシスコで上演されたミュージカル・コメディの音楽を手掛けたこともあるようだ。

そうした意味では、本作は「知る人ぞ知る」アルバムであるが、(日本の)AORリスナーからは根強い支持を得ている。

本作のプロデュースは、60年代にはThe Lovin' Spoonfulを手掛け、80年代以降はChris Isaakの一連のアルバムを手掛けた名プロデューサーのErik Jacobsenが担当した。

曲は全てBrianの自作で、ロックン・ロールやR&B、あるいはジャズをベースに、洗練されたシティ・ポップスにアレンジされている。派手さはないのでヒットには恵まれなかったが、どの曲も親しみやすいメロディとコクのあるリズムを持ち、味がある。また、どこか懐かしい響きのする暖かいサウンドだ。

本作はまた、参加ミュージシャンが豪華なことと、その演奏が素晴らしいことでもポイントが高い。主だったところでは、Larry Carlton/Lee Ritenour/Jay Graydon(g)、David Hungate/Wilton Felder(b)、Jeff Porcaro/Mike Baird/James Gadson(ds)、Valerie Carter/The Waters(bv)、Seawind Hornsなど、錚々たる顔ぶれがサポートしている。

Brianの歌声はPaul Simonに似ている。名手らによる隙のない演奏と比べると少々心細いヴォーカルだが、ソウルフルで歌心がある。

このアルバムは、日本では1999年にワーナーの『名盤探検隊』シリーズにおいて世界初CD化され、2011年にはヴィヴィッド・サウンドから紙ジャケット仕様で再発された。日本でしかCD化されていないようだし、これからもそうなのだろう。

●収録曲
1. Let's Just Live Together - 3:43
2. Summer Nights In Hollywood - 3:07
3. Queen Of Clowns (One For Lily T.) - 3:55
4. Room To Grow - 3:25
5. Tickets To Rio / リオへの誘い - 2:46
6. The First Time - 2:50
7. Seventeen Goin' On Twenty-One - 2:35
8. Old Nueva Laredo - 3:45
9. Last Vegas Wedding - 3:02
10. One Last Night Together - 3:44


◆プロデュース: Erik Jacobsen, Brian Elliot(vo, k, ar)

◆参加ミュージシャン: Larry Carlton/Lee Ritenour/Jay Graydon/Fred Tackett/Steve Beckmeier(g), David Hungate/Wilton Felder/Bob Gloub(b), Jeff Porcaro/Mike Baird/James Gadson(ds), Victor Feldman(vib), Valerie Carter/The Waters/The Jones Sisters(bv), Seawind Horns, etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/01/24 19:06 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/512-c2817c00
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター