音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Footlooseの1980年作『Footloose』。
Footloose / Footloose (1980年)
Footlooseはカナダで結成された5人組のバンド。後にDavid Fosterのサポートを得て全米進出を果たすTim Feehanが在籍したグループである。

80年代好きにとっての「Footloose」と言えば、1984年に大ヒットしたアメリカ映画『』やそのサントラ盤『』になるわけだが、その4年前に同名のグループが既に存在した。

本作はFootlooseの唯一のアルバムである。フロント・カヴァーはB級ポップス的なオーラを出しているし、バック・カヴァーのイケてない5人を見ると尚更B級感も高まるが、音の方は素晴らしい。メロウで爽やかなサウンドを楽しめアルバムとして、金澤寿和氏の著書『AOR Light Mellow』にも紹介されている。
Footloose / Footloose (バック・カヴァー)

Tim Feehanは1曲(5)を除く全ての曲を作曲しており、非凡な作曲能力を発揮している。メロウな「Leaving For Maui」や「Time Is Right」、軽快な「Just Enough Love」やトロピカル・ムードの「Dancin' Feelin'」、ポップでキュートな「It'll Take Some Time」や美しいバラードの「Jamie」など、どれも自然体で親しみやすいメロディだ。Timは作詞に関しても、4曲を担当した。

「Leaving For Maui」はカナダとハワイで大ヒットし、90年代にはハワイのデュオ、At Second Glanceによってカヴァーされた。At Second Glanceのカヴァー・バージョンは、彼らの2002年のアルバム『』で聴くことができる。

Footlooseの解散後、Tim Feehanはソロ活動をスタートし、カナダでは2枚のソロ・アルバムを出した。2作目の『Carmalita』(1983年)も、金澤氏の著書『AOR Light Mellow』の掲載作品だ。

3作目の『』(1987年)は、David Fosterもサポートした全米進出アルバム。前年のカー・アクション映画『』の挿入歌となった「Where's the Fire」が収録されている。

●収録曲
1. Leaving For Maui - 3:24
2. Just Enough Love - 3:26
3. Dancin' Feelin' - 3:28
4. It'll Take Some Time - 3:40
5. Put On The Dog - 4:10
6. Time Is Right - 4:06
7. Jamie - 5:16
8. Line-Ups - 4:25
9. Thanks I Needed That - 3:42


◆プロデュース: Garry McDonall, Footloose

◆参加ミュージシャン: Tim Feehan(vo), Terry Medd(g), Curt Smith(k), George Goodall(b), Dwayne Feland(ds)
with Trevor Dunn/Doug Jenson(g), Ted Boroweicki(k), Rick Erickson(b), Brian Feland(per), P.J.Perry(sax), Brenda Jackson(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/01/25 18:32 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(2)
コメント
フットルースといえばやはりケニーロギンスしか頭に浮かばないRWです。(苦笑)
イーグルスを公開いたしました~!
2017/01/27 05:44 ローリングウエスト URL
フットルース
フットルースというと、やっぱりそうですよね。
ケニー・ロギンスの曲に乗って、Tシャツにジーンズ姿のケヴィン・ベーコンが踊る姿が目に浮かんでしまいますね。。。

イーグルスの「いつわりの瞳」、癒されます。ブログ拝見させて頂きます。
2017/01/27 12:23 Warm Breeze URL















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/513-73a95ac8
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
AOR名盤(1978年) - Jerry Corbetta / Jerry Corbetta 2017/11/08
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp