音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Barry Manilowの1996年のアルバム『Summer Of' 78』。
Barry Manilow / Summer Of' 78 (1996年)
Barry ManilowはNY生まれのシンガー・ソングライター。Frank Sinatraの後継者とも言われた天与のテナー・ヴォイスとジュリアード音楽院卒の作曲能力を生かし、多くのヒット曲とヒット・アルバムを生んだ。

90年代以降のBarryは、ソングライターとしてオリジナル曲を作るよりもシンガーとしてカヴァー曲を歌うことに注力しており、本作『Summer Of' 78』もポピュラー・ヒット・ソングのカヴァー曲集となっている。

本作のプロデュースはMichael Omartianと共同で実施。Michael Omartianとの仕事はこの1枚のみである。70年代のヒット曲を中心に、バラード系の爽やかな曲が選ばれており、Barry Manilowの選曲の妙を味わうことができる。なお、1曲目の「Summer of '78」だけはBarryのオリジナルだ。

各曲を最初に歌ったアーティストとその収録アルバムは次のとおり。
「Interlude: Love's Theme」(Barry White, 73年, 米1位):『』収録
「Reminiscing」(Little River Band, 78年, 米3位):『』収録
「I Go Crazy」(Paul Davis, 77年, 米7位):『Singer of Songs: Teller of Tales / アイ・ゴー・クレイジー』収録
「When I Need You」(Leo Sayer, 77年, 米1位):『』収録
「The Air That I Breathe」(Albert Hammond, 72年):『』収録
「Bluer Than Blue」(Michael Johnson, 78年, 米12位):『The Michael Johnson Album』収録
「We've Got Tonight」(Bob Seger, 78年, 米13位):『』収録
「I'd Really Love to See You Tonight」(England Dan & John Ford Coley, 76年, 米2位):『』収録
「Sometimes When We Touch」(Dan Hill, 78年, 米3位):『Longer Fuse / ふれあい』収録
「Never My Love」(The Association, 67年, 米2位):『』収録
「Just Remember I Love You」(Firefall, 77年, 米11位):『』収録

これらはBarry Manilowのフェイバリット・ソングとのこと。78年の夏にBarryは35歳であり、その年齢でのフェイバリットということで、落ち着いた選曲である。また全米1位を獲得した大ヒット曲もあるが、どちらかというと控え目な印象を受ける。個人的にフィーリングの合う曲や思い入れのある曲を選んだのだろう。プライベートなプレイリストを共有してもらっているようで、その中に自分と共感する曲があると嬉しくなる。


78年の夏に自分はまだ洋楽を聴いていなかったが、数年後にはラジオから流れるヒット曲に夢中になった。その中にはこのアルバムに収録されている曲も何曲かある。まるでCarpentersの「Yesterday Once More」の世界のような甘酸っぱさのあるアルバムだ。

●収録曲
1. Summer of '78 - 1:48
2. Interlude: Love's Theme / 愛のテーマ - 0:25
3. Reminiscing / 追憶の甘い日々 - 3:45
4. I Go Crazy - 4:09
5. When I Need You / はるかなる想い - 4:02
6. The Air That I Breathe - 3:43
7. Bluer Than Blue - 2:58
8. We've Got Tonight / 愛・ひととき - 4:39
9. I'd Really Love to See You Tonight / 秋風の恋 - 3:18
10. Sometimes When We Touch - 4:11
11. Never My Love / かなわぬ恋 - 2:58
12. Just Remember I Love You / 切ない想い - 3:03


◆プロデュース: Barry Manilow(vo, k, sy), Michael Omartian(k, sy)

◆参加ミュージシャン: Jimmie Lee Sloas(b), Paul Leim(ds), Dann Huff(g), Biff Watson(ag), Eric Darken(per), Marty McCall(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/07/27 15:14 AOR名盤(1991年~) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/52-a100330a
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター