音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Kelly Willardの1981年のアルバム『Willing Heart』。
Kelly Willard / Willing Heart (1981年)
Kelly WillardはContemporary Christian Music (CCM)シーンで活躍する女性シンガー。清楚でナチュラルな声の持ち主で、Paul ClarkやBruce Hibbard、Roby DukeなどのCCMのアーティストのアルバムにバック・ヴォーカルで参加することが多い。また、シンガー・ソングライターとしてソロ・アルバムも制作しており、これまでに10作ほどがある。この『Willing Heart』は、彼女が25歳になる年に発表されたセカンド・アルバム。

プロデュースは夫のDan Willardとの共同で、収録曲は共作も含めて全て彼女のオリジナル。ギタリストのHadley Hockensmithと3曲(3, 4, 6)、Pita Delamaterと1曲(5)、Bruce Hibbardと1曲(8)を共作している。Hadleyは前の年に結成されたフュージョン・グループのKoinoniaのメンバーで、本作でもギターを弾いている。Koinoniaからは他にも、Harlan Rogers(k), Abraham Laboriel(b), John Phillips(sax)が参加した。

Hadleyと共作した「Comfortable With You」は甘くセンチメンタルな余韻を残すナンバー。Kelly Willardの歌声が美しく切なげで、柔らかいストリングスとJohn Phillipsのムードのあるサックスも絶品。「Hold On」も同じ路線の甘く爽やかなナンバーで、両曲ともBruce Hibbardがバック・ヴォーカルで参加している。

そのBruce Hibbardと共作した「Only You」も美しい。メロディ・ラインが綺麗でしっとりとしており、Kelly Willardの澄み切った歌声に合っている。1つ前の「Jesus」というストレートなCCMソングにも降参。直球すぎるCCMソングはあまり好んで聴かないのだが、この曲のサビの美しいメロディと天使のような歌声に聴き入ってしまう。この曲では、Bruce Hibbardがサブ・ヴォーカルになっている。

"甘美で切ないメロディを天使のような美声の女性シンガーが歌う" アルバムといえば、英国ロック・バンドのAll About Eveの『』(88年)や『』(89年)もおすすめ。ヴォーカルのJulianne Reganの歌声はKelly Willardにそっくりです。

●収録曲
1. Willing Heart - 3:36
2. To Obey Him - 3:34
2. Comfortable With You - 4:59
4. Faithful Love - 3:22
5. A Million Ways - 3:36
6. Hold On - 3:37
7. Jesus - 3:25
8. Only You - 4:10
9. Yesterday's Gone - 3:20
10. The Narrow Way - 3:22


◆プロデュース: Dan Willard, Kelly Willard(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Hadley Hockensmith(g), Al Perkins(steel-g), Harlan Rogers(k), Abraham Laboriel/Darrell Cook(b), Keith Edwards(ds), Alex MacDougall(per), John Phillips(sax), Bruce Hibbard/Steve Archer/Michele Pillar/Bob Bennett(bv), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/02/16 12:18 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/523-5e469627
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Boz Scaggs / Middle Man 2019/07/16
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2019/07/13
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2019/07/09
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2019/07/06
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2019/07/04
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ