音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Kelly Willardの1981年のアルバム『Willing Heart』。
Kelly Willard / Willing Heart (1981年)
Kelly Willardは、CCMシーンで活躍する女性シンガー・ソングライター。可憐で清潔感溢れる声の持ち主であり、Paul ClarkやBruce Hibbard、Roby DukeなどのCCM系のアルバムのバック・ヴォーカルにその名前を見る機会が多いが、シンガー・ソングライターとしてのアルバム制作もコンスタントに行っている。

本作は彼女が25歳の時にリリースしたセカンド・アルバム。プロデュースを夫のDan Willardと共同で行っている。ちなみにKellyがDanと結婚したのは、Kellyが18歳の時だ。

収録曲は、共作も含めて全て彼女のオリジナル。共作曲は、KoinoniaのHadley Hockensmithと3曲(3, 4, 6)、Pita Delamaterと1曲(5)、Bruce Hibbardと1曲(8)となっている。

バック・ミュージシャンは、Hadley Hockensmith(g), Harlan Rogers(k), Abraham Laboriel(b), John Phillips(sax)など、Koinoniaのメンバーが固めている。と言っても、静かでアコースティックな曲がほとんどなので、Koinoniaらしいバンド・アンサンブルを聴けるのは、Hadleyが共作した3曲とラストの「The Narrow Way」ぐらい。

このうち、「Comfortable With You」と「Hold On」は、甘酸っぱいメロディとメロウなグルーヴを持つ素晴らしいAORチューン。両曲とも、Bruce Hibbardがバック・ヴォーカルに参加している。

そのBruce Hibbardが共作した「Only You」も極上のナンバー。メロディの美しい曲ばかり揃った本作の中でも、最高に甘美なメロディを持つ曲だ。

「Jesus」というストレートなCCMソングがある。普段、直球のCCMソングは好んでは聴かないのだが、この曲の美しいメロディには聴き入ってしまう。

80年代の終わりに、「天使の歌声」と称して、英国ロック・バンドのAll About Eveのアルバム『』(88年)や『』(89年)、Annie Haslamの89年のアルバム『』などが注目されたことがあった。それらは感動的に甘美で切ないメロディを、天使のような美声の女性シンガーが歌うという特徴があった。「Jesus」や「Only You」を聴くと、それを思い出してしまう。

●収録曲
1. Willing Heart - 3:36
2. To Obey Him - 3:34
2. Comfortable With You - 4:59
4. Faithful Love - 3:22
5. A Million Ways - 3:36
6. Hold On - 3:37
7. Jesus - 3:25
8. Only You - 4:10
9. Yesterday's Gone - 3:20
10. The Narrow Way - 3:22


◆プロデュース: Dan Willard, Kelly Willard(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Hadley Hockensmith(g), Al Perkins(steel-g), Harlan Rogers(k), Abraham Laboriel/Darrell Cook(b), Keith Edwards(ds), Alex MacDougall(per), John Phillips(sax), Bruce Hibbard/Steve Archer/Michele Pillar/Bob Bennett(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/02/08 14:55 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/523-5e469627
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター