音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Scott Smithの1984年のアルバム『Face To Face』。
Scott Smith / Face To Face (1984年)
Scott Smithは、80年代以降のCCMシーンにおいて活躍するアレンジャー/プロデューサー。The WinansやAndraé Crouchを始め、Scottが関わったアルバムの数は多い。自身のリーダー作は1枚だけあり、それが本作である。

Scott Smithは優れたソングライターでもある。本作の収録曲も、共作を含めて全てがScottのオリジナル。共作者は、Stephen Tavaniが5曲(1, 3, 6, 8, 9)、Michael Ruffが2曲(1, 4)、Howard Smithが2曲(4, 7)となっている。

曲によってリード・シンガーを変えており、Michael Ruffが4曲(2, 3, 4, 5)、Vonda Sheppardが2曲(1, 8)、Marvin & Benjamin Winansが1曲(6)、Howard Smithが1曲(7)、Stephen Tavaniが1曲(9)を歌っている。

こうして見ると、Michael Ruffが本作に大きく貢献している。特にレコードのA面にあたる前半5曲は、Michaelが殆どのリード・ヴォーカルをとっていることもあり、さながらMichaelのアルバムのよう。彼には、同年にリリースされた『Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン)』というAOR屈指の名盤があるが、その続編(前編?)を聴いているような味わいがある。

中でもタイトル曲「Face To Face」は、Michaelの美しく豊かな歌声をじっくり味わうことができる名品。その美しさは、『シティ・ウォーキン』に収録された名曲「More Than You'll Ever Know / 熱い想い」を思わせる。

女性シンガーのVonda Sheppardは、Michaelの当時のガール・フレンド。このアルバムがリリースされた年に彼女は21歳という若さだが、パンチのある堂々とした歌声だ。

Howard Smithが歌う「Set Free」も極上のミディアム・チューン。微熱を帯びたメロディとHowardのソウルフルな歌声がとてもロマンティックに響く。

Abraham Laboriel(b), Bill Maxwell(ds, per), Alex Acuna(per)等、Koinoniaのメンバーを中心とする抑制の効いた演奏も素晴らしい。

雲の合間から光が射すカヴァー・アートが印象的だが、よくよく見ると雲の合間には人(?)の顔も見えていた。今日まで気付かなかった。

●収録曲
1. Leave It Up To Him - 4:59
2. You're Too Late - 3:54
3. The Vision - 4:07
4. Face To Face - 4:58
5. What Happened - 4:08
6. Give Him Thanks - 3:45
7. Set Free - 4:16
8. Prince Of The Dark - 4:20
9. What You Mean To Me - 4:58


◆プロデュース: Scott V. Smith(ar, k, drum-prog), Stephen Tavani(lead vo)

◆参加ミュージシャン: Vonda Sheppard/Marvin & Benjamin Winans(lead vo), Michael Ruff(lead vo, k), James Hurrah(g), Abraham Laboriel/Lean Gaer(b), Bill Maxwell(ds, per), Alex Acuna(per), Kim Hutchcroft/Eric Marienthal(sax), The Winans/Howard Smith/Howard McCray/Alfie Silas/Debbie McClendon(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/02/10 19:14 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/525-f2f71567
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Steely Dan / Aja (彩(エイジャ)) 2017/11/19
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp