洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Don Brown / I Can't Say No (1977年) - アルバム・レビュー

2019年02月18日
AOR名盤(1977年) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Don Brownの1977年のアルバム『I Can't Say No』の紹介です。
Don Brown / I Can't Say No (1977年)
Don Brownは、シアトルを中心に活動していたシンガー・ソングライター。ベーシストのGarrett Smithと "Brownsmith" というデュオ・グループを組んで活動していた頃の唯一のアルバム『Brownsmith』(75年)の人気が高いが、一枚でデュオを解消しており、ソロになって最初に発表したアルバムがこの『I Can't Say No』。

Don自らがプロデュースを担当し、曲作りに関しても、スタンダード・ナンバーの「Over The Rainbow」と、Lambert-Potter作の「Yesterday Can't Hurt Me」、Jimmy Cliff作の「Sittin In Limbo」をのぞく全曲の作詞と2曲(3, 7)の作曲を担当している。

参加したミュージシャンの多くが『Brownsmith』と共通するので、その続編のようなアルバム。Brownsmithの相棒のGarrett Smithも2曲(1, 6)を作曲している。「Romance And Magic」では、柑橘類を思わせるフレッシュなメロディが爽やかで、きらきらしたエレピとエレガントなサックスがとても上品。一方の「Tango」にはアコースティック基調の軽やかなグルーヴがあって、ヴォーカルとバック・コーラスもふんわりとソウルフル。

「Tango」と「Yesterday Can't Hurt Me」の2曲には、女性シンガーのEvie Sandsがバック・ヴォーカルで参加している。Lambert-Potter作の「Yesterday Can't Hurt Me」は、Sandsの74年のアルバム『』で歌われたポップ・ソウル・ナンバーだ。

タイトル曲の「I Can't Say No」では、Don Brownの情感をたたえた歌声が素晴らしい。静かなピアノに導かれてしっとりと歌い始め、柔らかいファルセットと軽やかなドラミングを織り交ぜながら曲が流れていく。淡々としているけれど、Steely Danの「Aja」のような静と動のコントラストがある。

緑とゴールドを基調としたフロント・カヴァーに写るDon Brownは、まるで茶室にいるかのように静かな佇まい。バック・カヴァーの黄金の木漏れ日も美しく、このアルバムのきらきらしたサウンドに合っている。
Don Brown / I Can't Say No (バック・カヴァー)

●収録曲
1. Romance And Magic - 3:44
2. I Can't Say No - 4:54
3. Hug On A Thrill - 5:32
4. Over The Rainbow - 4:21
5. Hold On - 3:40
6. Tango - 3:51
7. The Embryo - 1:20
8. Mother - 3:50
9. Smart Boy - 4:49
10. Yesterday Can't Hurt Me - 3:20
11. Sittin In Limbo - 3:23


◆プロデュース: Don Brown(vo, ag)

◆参加ミュージシャン: Dave Jackson(ar, k, bv), Grant Reeves(k, sax), Larry Sieber(k), Garrett Smith(b, bv), Chris Leighton(ds, per), Luis Peralta(per), Evie Sands(bv), etc


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません