音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Don Brownの1977年のアルバム『I Can't Say No』。
Don Brown / I Can't Say No (1977年)
Don Brownは、シアトルを中心に活動していたシンガー・ソングライター。ベーシストのGarrett Smithと組んだ「Brownsmith」名義の1975年作『Brownsmith』が人気・評価共に高いが、一枚でデュオを解消し、ソロとして最初に出したアルバムが本作である。

本作のプロデュースはDon Brown自らが担当した。
曲とサウンドの質感は、朝の手つかずの空気のようにフレッシュで、木漏れ日のようにきらきらしている。前作の『Brownsmith』にも同じオーラがあり、制作に関わったミュージシャンも共通しているので、さながらその続編のようなアルバムだ。前作の良さをそのままに、曲とサウンドをより洗練させた、という方が適切かも知れない。

収録曲は、スタンダード・ナンバーの「Over The Rainbow」、Lambert-Potter作の「Yesterday Can't Hurt Me」、Jimmy Cliff作の「Sittin In Limbo」を除いて、Donの自作。

Donは全曲の作詞と、2曲(3, 7)の作曲を担当。残りの作曲については、Brownsmithの相棒のGarrett Smithが2曲(1, 6)、前作のプロデュース/アレンジを担当したJim Bredouwが1曲(5)、同じく前作で複数の楽器をこなしたMartin Lundが1曲(9)、本作参加のLarry Sieberが1曲(2)、同じくDave Jacksonが1曲(8)を担当した。

「Tango」と「Yesterday Can't Hurt Me」の2曲では、Evie Sandsがバック・ヴォーカルに参加。「Yesterday Can't Hurt Me」に関しては、彼女も1974年のアルバム『』で歌っている。

浮遊感のある「The Embryo」は、ジャズの即興曲のようなインストゥルメンタル・ナンバー。本作の中では異色だが、たおやかな「Mother」のちょうど良い前奏となっている。

緑とゴールドを基調としたフロント・カヴァーを見ると、どういう訳か茶室を連想する。そこに座るDonの静かな佇まいも素敵だが、木漏れ日を捉えたバック・カヴァーが美しいので載せておこう。
Don Brown / I Can't Say No (バック・カヴァー)

●収録曲
1. Romance And Magic - 3:44
2. I Can't Say No - 4:54
3. Hug On A Thrill - 5:32
4. Over The Rainbow - 4:21
5. Hold On - 3:40
6. Tango - 3:51
7. The Embryo - 1:20
8. Mother - 3:50
9. Smart Boy - 4:49
10. Yesterday Can't Hurt Me - 3:20
11. Sittin In Limbo - 3:23


◆プロデュース: Don Brown(vo, ag)

◆参加ミュージシャン: Dave Jackson(ar, k, bv), Grant Reeves(k, sax), Larry Sieber(k), Garrett Smith(b, bv), Chris Leighton(ds, per), Luis Peralta(per), Evie Sands(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/02/13 18:14 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/527-4104c7e4
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター