音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Messengerの1978年のアルバム『Bringin' The Message』。
Messenger / Bringin' The Message (1978年)
Messengerは、CCMシーンを代表するブルーアイド・ソウル・シンガーであるRick Risoが在籍したグループ。70年代の後半に活動し、1976年と78年にアルバムを1枚ずつ残している。ソウルやファンク、ジャズの要素を取り入れたサウンドは当時のクリスチャン・ミュージックとしては斬新で、約5年の短い活動期間ではあるが、CCMの表現の幅を大きく拡げたグループとして評価されている。本作は、Messengerのセカンド・アルバム。

本作のプロデュースは、ギタリスト兼リード・シンガーのRick Risoとキーボード奏者のSi Simonsonが共同で手掛けており、収録曲も、この二人が全てを書いている。

ファンキーでジャジー、メロウ感もたっぷりのサウンドは、既成のCCMとは雰囲気が異なる。その清濁併せ呑むような懐の深いサウンドは、神聖さというよりも俗世間のオーラがあり、これが実に心地よい。

鍵を握るのはRick Riso。
「Changin' Me」や「I Still Love You」におけるスキャットを絡めた軽快なギター・ソロは、George Bensonそのものだし、「Our Love Will Grow」や「Song In The Night」、「All You Need」、「Home To You」における豊かな歌唱は、まるでフランク・シナトラ。実に芸の達者なミュージシャンだ。

本作のバック・カヴァーには、赤いジャケットに白い開襟シャツ、サングラスに口髭の格好でステージに立つRickが写る。ギターを抱えてマイクに向かうその姿は、酸いも甘いも噛み分けた流しのシンガーのよう。
Messenger / Bringin' The Message (バック・カヴァー)

このアルバムのこのサウンドは本当にCCMだろうか?と思って歌詞を見ると、紛うことなき直球のCCMソング。このギャップに魅了される。

Rick Risoの1985年のファースト・ソロ・アルバム『Gotta Have The Real Thing』も、高級感のあるエレガントなサウンドだが、そのフロント・カヴァーでは、ジーンズに赤いTシャツ姿のRickが、Coca-Colaを手に二カッと笑う。何とも魅力的な人物である。

●収録曲
1. Bringin' The Message - 2:57
2. Our Love Will Grow - 4:40
3. Livin' In Love - 2:44
4. Pressin' On - 3:47
5. Song In The Night - 3:51
6. Changin' Me - 4:16
7. All You Need - 3:20
8. I Still Love You - 5:08
9. Now Is The Time - 3:16
10. Home To You - 4:25


◆プロデュース: Rick Riso(vo, g), Si Simonson(k)

◆参加ミュージシャン: Mike Feller(ds, per), Dave Marotta(b), Fred Petry(per), Larry Troxel(vibes), Rebecca Sue Sherburn(bv), Seawind Horns


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/02/14 15:55 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/528-7de703c3
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター