音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Steely Danの1976年のアルバム『Royal Scam / 幻想の摩天楼』。
Steely Dan / Royal Scam (幻想の摩天楼) (1976年)
Steely Danは、Donald Fagen(vo,k)とWalter Becker(g)を中心とするグループ。1972年の結成当初は6人のメンバーがいたが、徐々にグループの輪郭は曖昧になり、代わりに外部の優秀なスタジオ・ミュージシャンを起用する活動スタイルに移行していった。前作『Katy Lied』の頃にはDennis Dias(g)を含めた3人になり、本作になるとDiasがメンバーか否かも怪しく、ほぼFagenとBeckerのユニットになっている。

本作は、彼らの5枚目のスタジオ・アルバム。前作までは穏やかなアメリカン・ポップスと呼べる作品であったが、「不吉な色の空の下、猛獣に姿を変えた摩天楼が牙を剥く」という鮮烈なカヴァー・アートが象徴するように、その穏やかさは無くなり、緊張感のあるクールな楽曲が多くなっている。

前作ではJeff Porcaroがドラムスを担当したが、本作ではBernard Purdie(ds)とChuck Rainey(b)がリズム・セクションを担当。黒人のコンビネーションらしく、強力なバネの効いた重量級のビートを生みだしている。

また、ギタリストの顔ぶれが多彩。曲によってソロイストを変えており、Larry Carltonが4曲(1, 3, 8, 9)、Elliott Randallが2曲(4, 6)、Diasが1曲(6)、Beckerが1曲(5)、Dean Parksが1曲(7)でソロを務めた。特に、DiasとRandall(、Carltonも?)がソロを弾いた「Green Earrings / 緑のイヤリング」は、本作の一つのハイライト。曲のフェード・アウトでRandallのソロがトリッキーかつ不気味に変貌していくあたりは、実に秀逸だ。

本作からは「Kid Charlemagne / 滅びゆく英雄」、「The Fez / トルコ帽もないのに」、「Haitian Divorce / ハイチ式離婚」の3曲がUSやUKでシングル・カットされ、それぞれTop100にチャート・インはするものの、大きなヒットになっていない。シニカルな歌詞やどこか冷めた曲調は、多くの人が好意的に受け入れるものではないのだろう。

本作の見事なカヴァー・アートを担当したのは、Zoxというチーム。彼らのサイトを見ると、アルバム・カヴァーに関しては30作品を手掛けたようである。その30枚の中でも、この『Royal Scam』の不気味さは断トツ。

Steely Danが制作したアルバムの中で、最高にクールな作品である。The Beatlesのアルバムに喩えるならば、『Revolver』かな?

●収録曲
1. Kid Charlemagne / 滅びゆく英雄 - 4:38
2. The Caves Of Altamira / アルタミラの洞窟の警告 - 3:33
3. Don't Take Me Alive / 最後の無法者 - 4:18
4. Sign In Stranger / 狂った町 - 4:22
5. The Fez / トルコ帽もないのに - 3:59
6. Green Earrings / 緑のイヤリング - 4:05
7. Haitian Divorce / ハイチ式離婚 - 5:30
8. Everything You Did / 裏切りの売女 - 3:54
9. The Royal Scam / 幻想の摩天楼 - 6:31


◆プロデュース: Gary Katz

◆参加ミュージシャン: Donald Fagen(vo, k), Walter Becker(g, b)
with Larry Carlton/Dennis Dias/Dean Parks/Elliot Randall(g), Victor Feldman(k, per), Paul Griffin/Don Drolnick(k), Chuck Rainey(b), Bernard Purdie/Rick Marotta(ds), Gary Coleman(per), Jim Horn/Plas Johnson/John Klemmer(horns), Michael McDonald/Timothy Schmit(bv), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/02/21 17:21 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/533-918d932d
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター