音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Michael Franksの1983年のアルバム『Passion Fruit』。
Michael Franks / Passion Fruit
Michael Franksは、AORやジャズ・シーンを代表するシンガー・ソングライター。ジャズやボサノヴァが香るエレガントな楽曲を繊細なウィスパー・ヴォイスで歌うというスタイルを、デビュー以来貫いている。その知的な音と歌声は、一聴するとMichael Franksのものと分かるほど個性的。また、端正な顔立ちとクールな佇まい、スタイリッシュなカヴァー・アートというビジュアル面でも際立つ上質感がある。

知的という点では、Donald FagenやKenny Rankin、Ben Sidranなども思い浮かぶが、Michael Franksの場合は、博士号を持つ本物のインテリ。だが、その音はどこまでもソフトでロマンティックだ。

本作は、Michael Franksの通算8作目となるスタジオ・アルバム。
70年代のアルバムのほとんどは、Tommy LiPumaがプロデュースを担当していたが、80年代に入ってからはプロデューサーを変えており、本作以降はRob Mounseyがプロデュースを担当している。

70年代のメロウな質感のアルバム群と比べると、音の輪郭はシャープ。また、「Now That Your Joystick's Broke / ジョイスティックが壊れる時」などの電子音を取り入れた曲に80年代を感じる。

「Rainy Night In Tokyo」は、大の日本好きで知られるMichael Franksらしい曲。私のCDは輸入盤だが、歌詞カードには「東京の夜は雨」という日本語のタイトルまで併記された。

「When Sly Calls (Don't Touch That Phone) / スライが電話をしてきたら」は、本作の中で一番スタイリッシュな曲。Manhattan Transferのようなキメキメの女性コーラスに、Randy BreckerのFlugelhornがシャープに絡む様は最高にクールだ。

「Never Satisfied」と「How The Garden Grows / ふたりの花園」の2曲では、Toots Thielemansがハーモニカを吹いている。特に、「ふたりの花園」における郷愁たっぷりのハーモニカには泣かされる。Tootsの数ある名演の中でも最高の1曲ではないだろうか。

なお、Tommy LiPumaがすっかり手を引いたかというと、そうでもない。本作のデザインは、Tommy LiPumaの姪であるLaura LiPumaが担当している。

●収録曲
1. Alone At Night / ひとりぼっちの夜 - 4:35
2. Never Satisfied - 3:51
3. Amazon - 5:40
4. Now That Your Joystick's Broke / ジョイスティックが壊れる時 - 2:48
5. Sunday Morning Here With You / 愛のサンデイ・モーニング - 4:33
6. Never Say Die - 3:36
7. Rainy Night In Tokyo / 東京の夜は雨 - 4:42
8. Tell Me All About It / 愛の物語 - 4:31
9. When Sly Calls (Don't Touch That Phone) / スライが電話をしてきたら - 5:22
10. How The Garden Grows / ふたりの花園 - 3:37


◆プロデュース: Rob Mounsey(k)

◆参加ミュージシャン: Hiram Bullock/Jeff Mironov/John Tropea(g), Will Lee(b, bv), Neil Jason(b), Steve Gadd/Chris Parker(ds), Nana Vasconcelos(per), Astrud Gilberto/Kenny Rankin/Hamish Stuart(bv), Randy Brecker(tp), Toots Thielemans(harmonica), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/02/23 18:11 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/535-13bcd694
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター