音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Kenny Rankinの1988年のアルバム『Hiding In Myself』。
Kenny Rankin / Hiding In Myself (1988年)
Kenny Rankinは60年代終わりから活動するアメリカのシンガー・ソングライター。本作は通算8枚目となるアルバムで、80年リリースの前作『After the Roses』からは8年のブランクが空いている。Kenny Rankinが80年代に制作したアルバムは、前作と本作の2枚のみだ。

本作のプロデュースには、Kenny Rankin以外に、その奥様と思しきAime Ulrich Rankinが名を連ねている。
収録曲は12曲で、Kennyの自作が2曲(4, 10)、奥様Aimeとの共作が7曲(1, 2, 3, 6, 8, 9, 11), Marvin Gayeのカヴァーが2曲(5, 7), Jimmy Webb作が1曲(12)となっている。

Marvin Gayeの2曲は、1972年のアルバム『』と73年のアルバム『』の各々タイトル曲。また、Jimmy Webbの「She Moves, Eyes Follow」に関しては、Jimmy本人も2005年のアルバム『』でセルフ・カヴァーした。

Lee Sklar(b)とVinnie Colaiuta(ds)が本作のリズム・セクションを担っており、サウンドの印象は堅実で硬質。その上を、Robben Fordがブルージーなギターをクールに弾いている。

ゲストは、Steve Lukather(g)、David Crosby(vo)、John Sebastian(banjo, harmonica)等。
Lukatherは、Marvin Gayeの「Trouble Man」でブルージーなギターを弾いているが、正直、Robben Fordとあまり差がない。これに対し、David Crosbyが参加した「Down The Road」は本作の中で最もロマンティックな曲。David CrosbyとKenny Rankinの男二人のデュエットは、Simon & Garfunkelのように美しい。

「Let's Get It On」は、Kenny Rankinらしい秀逸なカヴァー。アコースティック・ギターとベース、パーカッションだけでスローに聴かせるアレンジは斬新で、Marvinの有名曲だということになかなか気付かない。

バック・カヴァーに写る美しい女性がAimeのようだ。本作には、"This album is dedicated to aime." と記されている。
Kenny Rankin / Hiding In Myself (バック・カヴァー)

Aime Ulrich Rankinがクレジットされているアルバムがもう1枚あった。それは、Dan Siegelの1991年のアルバム『』。アルバムの2曲をDan Siegelと共作しており、夫のKennyも3曲で歌っている。

●収録曲
1. Lovin' Side - 4:49
2. Before The Fall - 5:33
3. Delila - 4:05
4. Hiding In Myself - 3:48
5. Trouble Man - 4:11
6. Keep The Candle Burnin' - 4:00
7. Let's Get It On - 4:34
8. She Knows Me Well - 5:20
9. Down The Road - 3:41
10. Velez - 5:33
11. Muddy Creek - 3:34
12. She Moves, Eyes Follow - 3:59


◆プロデュース: Jeffrey Weber, Kenny Rankin(vo, p), Aime Ulrich Rankin

◆参加ミュージシャン: David Crossby(vo), Robben Ford/Steve Lukather(g), David Benoit/Randy Kerber(k), Lee Sklar(b), Vinnie Colaiuta(ds), Geraldo Velez/Chris Trujillo(per), Richard Elliot(sax), John Sebastian(banjo, harmonica), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/02/24 16:21 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/536-53503152
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター