洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Eric Tagg / Dreamwalkin' (1982年) - アルバム・レビュー

2019年03月12日
AOR名盤(1982年) 2
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Eric Taggの1982年のアルバム『Dreamwalkin'』の紹介です。
Eric Tagg / Dreamwalkin' (1982年)
Eric Taggは、AORやフリー・ソウル・シーンで人気のあるミュージシャン。アメリカ生まれだが、20歳の時にオランダで音楽活動を始め、最初の2枚のアルバムをオランダで発表している。1作目の『Smilin' Memories』にはフュージョン・ギタリストのLee Ritenourが参加しており、その縁で、EricはRitenourの出世作『RIT』(81年)のリード・ヴォーカルに抜擢される。そこから、シングルの「Is It You?」がヒット(米15位)したことで、アメリカだけでなく日本でもEric Taggの名が知られるようになった。

この『Dreamwalkin'』はEric Taggの3作目で、日本のみで発売された作品。『RIT』のヒットに対するお返しとして、Lee Ritenourがプロデュースを担当し、参加ミュージシャンの多くも『RIT』と同じ顔ぶれだ。なお、Ritenourも、『RIT』の続編となる『RIT/2』を同じ年に発表し、Ericを再びヴォーカリストに招いている。

収録曲は、Ivan Lins作の「Mãos De Afeto」を除いてEricのオリジナル。この曲は、Ivan Linsの77年のアルバム『』からの選曲。また共作が2曲あり、「Promises Promises」はBill ChamplinとRitenour、「Dreamwalkin'」はKelly McNultyとの共作である。

「Is It You?」と同じ顔ぶれで作られた「Promises Promises」は、軽やかなシティ・ポップ。Eric Taggの歌声には独特の温もりと湿度があって、それが曲を優しくメロウな印象にしている。また、ほどよい甘さと爽やかさがあるところもEricの声の魅力。

「Dreamwalkin'」はタイトルどおりのドリーミーなバラードで、アレンジも美しく洗練されている。この「Promises Promises」と「Dreamwalkin'」の2曲は『RIT/2』にも収録されているが、歌詞の異なる別バージョンになっている。

Lee Ritenourのギターはアルバム全体を通してあまり目立たないが、「Marzipan」と「Mãos De Afeto」では、柔らかくて官能的なギターの音色がしっかり表に出ている。特に「Mãos De Afeto」(暖かな手)は、Ivan Linsの原曲のムードを見事にカヴァー。Eric Taggの歌声にはしっとりとしたサウダージ(郷愁)があって、聴き入ってしまう。

Lee Ritenourは、3年後のアルバム『』(85年)で、実際にIvan Linsと3曲を共演しているが、そのインスピレーションになったのは、Eric Taggとカヴァーしたこの曲なのかも知れない。

●収録曲
1. No One There - 3:33
2. Marianne (I Was Only Joking) - 4:10
3. Promises Promises - 4:33
4. Dreamwalkin' - 4:26
5. In The Way - 3:21
6. A Bigger Love - 4:30
7. Crybaby - 4:19
8. Just Another Dream - 3:54
9. Marzipan - 4:07
10. Mãos De Afeto - 4:18


◆プロデュース: Lee Ritenour(g)

◆参加ミュージシャン: David Foster/Don Grusin/Greg Mathieson(k), David Hungate/Nathan East/Abraham Laboriel(b), John Robinson(ds), Alex Acuna(ds, per), Tom Scott(sax), Jerry Hey/Gary Herbig/Chuck Findley(horn), etc


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント2件

コメントはまだありません

うさこ

こんにちは

エリック・タッグは好きなので何枚かもっています!
日本のみ発売だったんですか~
ちょっとビックリです。
エリックといえばコレかなと思われるので。
(私は「ランデヴー」が好きなんですが(笑))
声が素敵ですよね(*^_^*)

2019年03月13日 (水) 15:30
Warm Breeze

Warm Breeze

Re: こんにちは

うさこさん、こんにちは。
「ランデヴー」も素晴らしいアルバムですね。ファースト・アルバムの「スマイリング・メモリーズ」もいいですよ。
私も、エリックの一番の魅力は声だと思います。個性的で、とても気持ちのいい声をしていますよね。

2019年03月13日 (水) 16:15