音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Erik Taggの1982年のアルバム『Dream Walkin'』。
Erik Tagg / Dream Walkin' (1982年)
Erik Taggは、AORやフリー・ソウル・シーンで高い人気を集めるミュージシャン。アメリカ生まれだが、20歳の時にオランダに渡って音楽のキャリアをスタートした。ソロ・アルバムは4枚あり、最初の2枚は欧州リリース。本作は、(恐らく)日本のみでリリースされた3作目である。

Erik Taggは、前年のLee Ritenourのアルバム『RIT』のリード・シンガーに起用され、その名前を知られるようになった。『RIT』には、フュージョンのアルバムには珍しくヴォーカル曲が4曲あり、その全てでErikがリード・ヴォーカルを担当している。そのうちの1曲、「Is It You?」がBillboardシングル・チャートの15位となるヒットを記録した。

小倉エージ氏の解説によると、『RIT』で有名になったのはErik Taggだけではない、とされている。それまで無名のギタリストであったLee Ritenourは、『RIT』の成功により有名になったのだと。その意味で、Erikの果たした貢献は大きい。

本作では、前作のヒットのお返しのように、Lee Ritenourがプロデュースを担当した。参加ミュージシャンも、多くは『RIT』と同じ顔ぶれ。ポップ・オリエンテッドな『RIT』の路線を推し進め、Erikのヴォーカル曲のみのアルバムを作ったと言っても良いだろう。

ラストの「Mãos De Afeto」はIvan Lins作であるが、それ以外の収録曲は、共作も含めてErikのオリジナル。共作に関しては、「Promises Promises」がBill Champlin、Lee Ritenourと、「Dreamwalkin'」がKath McNultyとの共作である。「Promises Promises」は、「Is It You?」と同じ顔ぶれだ。また「Mãos De Afeto」は、Ivan Linsの1977年のアルバム『』からのカヴァーである。

Erik Taggの最大の魅力はそのロマンティックな歌声にある。独特の湿度と温もりがあり、どこか青臭くてナイーヴ。万人が聴いて、万人が気持ちよいと感じるであろう、天与の歌声だ。

『RIT』のエレガントなサウンドを残しつつ、Erikの歌声を存分に味わえるアルバム。本作が日本のみの発売というのは少々不思議。一方の米国では、Lee Ritenourが『RIT』の続編となる『RIT/2』を制作し、1982年にリリースしている。そこでは再びErik Taggのヴォーカルがフィーチャされ、本作の「Promises Promises」と「Dreamwalkin'」も別バージョンで収録された。

●収録曲
1. No One There - 3:33
2. Marianne (I Was Only Joking) - 4:10
3. Promises Promises - 4:33
4. Dreamwalkin' - 4:26
5. In The Way - 3:21
6. A Bigger Love - 4:30
7. Crybaby - 4:19
8. Just Another Dream - 3:54
9. Marzipan - 4:07
10. Mãos De Afeto - 4:18


◆プロデュース: Lee Ritenour(g)

◆参加ミュージシャン: David Foster/Don Grusin/Greg Mathieson(k), David Hungate/Nathan East/Abraham Laboriel(b), John Robinson(ds), Alex Acuna(ds, per), Tom Scott(sax), Jerry Hey/Gary Herbig/Chuck Findley(horn), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/02/25 17:13 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/537-2a373959
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター