音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Stephen Bishopの1976年のアルバム『Careless』。
Stephen Bishop / Careless
Stephen Bishopは、詩情豊かでロマンティックな曲を作ることで人気のあるシンガー・ソングライター。特に、自分の愛称をタイトルにした1978年のアルバム『Bish / 水色の手帖』は、AORの人気作になっている。

映画音楽も手がけていて、85年の映画『White Nights』の挿入曲で、Phil CollinsとMarilyn Martinの歌で全米1位を獲得した「Separate Lives」はBishopの作。また、82年の映画『トッツィー』では、Bishopの歌ったテーマ曲「It Might Be You」がAdult Contemporaryチャートの1位になった。顔立ちの良さから、『』(80年)などの映画には俳優として出演している。

この『Careless』は、Stephen Bishopのデビュー作。ここから、「On And On」(米11位)、「Save It For A Rainy Day / 雨の日の恋」(米22位)のヒットが生まれている。親しみやすいメロディの「On And On」は、リラックスしたポップ・ソング。Bishopのハイ・テナー・ヴォイスは甘く優しいタッチで、高音域をファルセットで歌うときも、とても綺麗に響かせる。

「雨の日の恋」はポップで軽快なナンバー。間奏ではEric Claptonが短いギター・ソロを披露し、終盤ではChaka Khanが力強いバック・ヴォーカルで曲を盛り上げる。

収録曲は全てStephen Bishopの自作で、その多くは瑞々しいバラード。アップテンポな曲も、アコースティックな風合いのある爽やかなものが多い。

Chaka Khanはしっとりしたバラードの「Never Letting Go」でも歌っている。この曲はアルバムの中で私の一番好きな曲。"never letting go" のリフレインを聴くと、切なさがこみ上げてくる。

「Same Old Tears On A New Background」は、Art Garfunkelの75年のアルバム『愛への旅立ち』に提供した曲のセルフ・カヴァー。そのアルバムには、「Looking For The Right One」という甘美なバラードも提供していて、そちらは『Bish / 水色の手帖』のほうでセルフ・カヴァーされている。

Stephen Bishopはとてもお洒落。モノクロのフロント・カヴァーからは分からないが、インナー・フォトでは、白いジャケットにピンクのシャツ、ネクタイに帽子という恰好で、足元をスニーカーで崩している。自身のサイト stephenbishop.com のデザインもスタイリッシュだ。
Stephen Bishop / Careless (インナー・フォト)

●収録曲
1. On And On - 3:00
2. Never Letting Go - 3:45
3. Careless - 3:42
4. Sinking In An Ocean Of Tears - 3:08
5. Madge - 4:03
6. Every Minute - 3:57
7. Little Italy - 3:35
8. One More Night - 3:58
9. Guitar Interlude - 0:32
10. Save It For A Rainy Day / 雨の日の恋 - 3:10
11. Rock And Roll Slave - 3:35
12. The Same Old Tears On A New Background - 2:38


◆プロデュース: Henry Lewy, Stephen Bishop(vo, g)

◆参加ミュージシャン: Eric Clapton/Andrew Gold/Jay Graydon(g), Craig Doege(k), Jim Gordon/Russ Kunkel(ds), Art Garfunkel/Chaka Khan/Leah Kunkel(bv), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/03/14 16:57 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/538-c70a3429
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Boz Scaggs / Middle Man 2019/07/16
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2019/07/13
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2019/07/09
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2019/07/06
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2019/07/04
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ