音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Stephen Bishopの1976年のアルバム『Careless』。
Stephen Bishop / Careless
Stephen Bishopは、哀愁漂うロマンティックな曲を作ることで人気のあるシンガー・ソングライター。自らの愛称をタイトルに付けた1978年のアルバム『Bish / 水色の手帖』は、AORの名盤として知られている。

彼は映画音楽も手掛けており、85年の映画『White Nights』の挿入曲で、Phil CollinsとMarilyn MartinによりBillboard Hot 100チャートの1位を獲得した「Separate Lives」や、82年の映画『Tootsie / トッツィー』のテーマ曲「It Might Be You」などはStephenの作。また、顔立ちが男前のStephenは、自らも役者として70年代、80年代の映画に何本か出演している。

本作『Careless』は、Stephen Bishopのデビュー作。
「On and On」がBillboard Hot 100チャートの11位のヒットを記録した他、「Save It for a Rainy Day / 雨の日の恋」も22位を記録するなど、ヒットという点ではStephenのアルバムの中で最も良い成果を残したアルバムだ。

本作の収録曲は全てStephenの自作で、そのほどんどは哀愁のある美しいバラード。それらの曲では、しっとりしたストリングスをバックに、Stephenの甘く香るような優しい歌声と、時折のきれいなファルセットを聴くことができる。残りのポップで軽快な曲に関しても、アコースティックな響きを基調とする穏やかなものが多い。

Eric Claptonが「Sinking In An Ocean Of Tears」と「雨の日の恋」の2曲でギターを弾くなど、デビュー作にしては参加ミュージシャンの顔ぶれが豪華。バック・ヴォーカリストには、Chaka Khan(2, 7, 10の3曲)、Art Garfunkel(3, 6, 11の3曲)の名前も見られる。Clapton以外のギタリストも、Larry Carlton, Lee Ritenour, Jay Graydonと、役者を揃えている。

Stephen Bishopは、その服装も洒落ている。モノクロのフロント・カヴァーからは分からないが、インナーを見ると、白いジャケットにピンクのシャツ、ネクタイにハットという服装で、その足元をスニーカーで崩すカッコ良さ。彼のサイト stephenbishop.com を見ても、デザインがとてもスタイリッシュだ。
Stephen Bishop / Careless (インナー・フォト)

●収録曲
1. On And On - 3:00
2. Never Letting Go - 3:45
3. Careless - 3:42
4. Sinking In An Ocean Of Tears - 3:08
5. Madge - 4:03
6. Every Minute - 3:57
7. Little Italy - 3:35
8. One More Night - 3:58
9. Guitar Interlude - 0:32
10. Save It For A Rainy Day / 雨の日の恋 - 3:10
11. Rock And Roll Slave - 3:35
12. The Same Old Tears On A New Background - 2:38


◆プロデュース: Henry Lewy, Stephen Bishop(vo, g)

◆参加ミュージシャン: Eric Clapton/Andrew Gold/Jay Graydon(g), Craig Doege(k), Jim Gordon/Russ Kunkel(ds), Art Garfunkel/Chaka Khan/Leah Kunkel(vo), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/02/27 16:25 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/538-c70a3429
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター