音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Chicagoの1978年のアルバム『Hot Streets』。
Chicago / Hot Streets (1978年)
Chicagoは、60年代後半から息の長い活動を続けるアメリカのロック・バンド。社会派のブラス・ロック・バンドという個性的なポジションを確立して70年代を疾走したが、1978年にバンド創設メンバーの一人であるTerry Kath(g)を不慮の事故で失うと、その勢いを失速している。

本作はTerry Kathが他界した年に出されたアルバム。Kathの没後に制作されているが、不思議と暗い曲が1つもなく、穏やかで明るい、救いのアルバムである。

この時のメンバーは、Peter Cetera(b, vo), Danny Seraphine(ds), Donnie Dacus(g), Laudir de Oliveira(per), Robert Lamm(k)の5名に、ブラス・セクションのLee Loughnane(tp), James Pankow(tb), Walter Parazaider(woodwinds)を加えた8名。

Terry Kathの後任を務めたのは、若いギタリストのDonnie Dacusだ。躍動感溢れるジャケットの左端に写る人物で、この時27歳。Donnieはリード・ギターのみならず、「Take A Chance」と「Ain't It Time」のリード・ヴォーカルも担当している。Terry Kathの不在を埋めるばかりでなく、バンドに新鮮な風を吹きこんだ。

グルーヴィーな「Take A Chance」はシングル・カットこそされていないが、本作の一押しの名曲。Donnieのヴォーカルは清涼剤のようにフレッシュで、後半からエンディングまで続く哀愁のギター・ソロも格別の味わいだ。ちなみに、Billy Joelの同年のヒット曲「My Life」で聴くことのできるフレッシュなバック・ヴォーカルは、DonnieとPeter Ceteraである。

本作からは、「Alive Again」「No Tell Lover」「Gone Long Gone」の3曲がシングル・カットされ、最初の2曲は共にBillboard Pop Singlesチャートの14位を記録するヒットとなった。

また、ヘヴィーなダンス・チューン「Little Miss Lovin」にはBee Geesの3兄弟が参加し、Peter Ceteraの上を行くハイ・トーンのバック・ヴォーカルで存在感を示している。

Donnieは79年の次作『Chicago 13』まで在籍し、バンドを支えた。Chicagoが完全復活するのは、Bill Champlinがメンバーに加入し、David Fosterをプロデューサーに迎えた名盤『16 / ラヴ・ミー・トゥモロウ』であるが、それまでの低迷期を支え、爽やかに去って行ったいう印象のナイス・ガイである。

●収録曲
1. Alive Again - 4:17
2. The Greatest Love On Earth - 3:13
3. Little Miss Lovin' - 4:32
4. Hot Streets - 5:12
5. Take A Chance - 4:35
6. Gone Long Gone - 3:55
7. Ain't It Time - 4:08
8. Love Was New - 3:32
9. No Tell Lover - 4:15
10. Show Me The Way - 3:18


◆プロデュース: Phil Ramone, Chicago

◆参加ミュージシャン: David "Hawk" Wolinski(k), Blue Weaver(k), Barry, Robin & Maurice Gibb(bv)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/03/09 19:08 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/546-ed1ea2a4
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター