音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

What Ifの1987年のアルバム『What If』。
What If / What If
What Ifは、Tommy Funderburk(vo), Bob Wilson(ds), Larry Williams(k, sax)の3人が結成したメロディアス・ハード系のロック・バンド。その母体は、Tommy FunderburkとBob Wilsonが3年前に結成したCCMユニットの「The Front」である。The Frontは84年のアルバム『The Front』1枚のみで解散するが、そこに参加していたLarry Williamsも含めて再スタートしたのが、このWhat Ifだ。

メンバーの3人とも、各々のキャリアを積んだベテランであり、その意味では80年代に幾つか出現した「スーパー・グループ」の一つと言って良い。

Tommy Funderburkは強力なハイトーン・ヴォイスを武器に活躍するセッション・シンガーで、David FosterとJay Graydonが作った伝説のAORユニット「Airplay」のリード・シンガーとしての仕事が有名。Bob Wilsonは、ハワイ生まれの名フュージョン・グループであるSeawindのリーダー。Larry WilliamsもSeawindのメンバーであり、Bobがドラマーを、Larryがキーボードを担当していた。

本作はWhat Ifの唯一のアルバムである。クール&エモーショナルな楽曲、ハードで重厚な演奏、パワフルな歌唱の各々にベテランの技と味わいがある。また、打ち込みを取り入れたメリハリの効いたサウンドは、80年代らしい素敵な響きを持っている。

収録曲は「Perfect World」を除いて彼らのオリジナル。「Perfect World」は、後にStyxのメンバーとなるGlen Burtnikの86年のデビュー・アルバム『』からのカヴァーだ。ロマンティックで美しいメロディを持つバラードで、Tommy Funderburkの歌唱が素晴らしい。

本作にはMichael Landau(g)が全面参加しており、ギタリストのいないグループであるにも関わらず、ギター・オリエンテッド的な音になっている。ちなみにグループ結成時には、Landauに並ぶ実力派のMichael Thompsonが正式メンバーであった。Michael Thompsonは本作のレコーディング直前にグループを離れ、その穴をLandauが埋めている。

AirplayもThe Frontも、そしてこのWhat Ifもそうだが、アルバムを1枚しか残していない。セッション・ミュージシャンの集まり(あるいはプロジェクト)という性格が強くて、グループとしてのアイデンティティを持てなかったのだろう。AORにはこのような「ワン&オンリー」と呼ばれるアルバムが比較的多いが、中には本作のように名盤と呼ぶに相応しいクオリティの作品がある。刹那的な活動が生み落とした力作に出会うことは、AORを聴く楽しみの一つである。

●収録曲
1. What If - 4:48
2. If This Is Love - 4:04
3. Perfect World - 4:36
4. One Look - 3:36
5. Ride The Hurricane - 3:49
6. She Rocked My World - 4:08
7. Love Is A Fire - 5:19
8. When Right Is Wrong - 4:12
9. Turn And Walk Away - 4:45


◆プロデュース: Mick Guzauski, What If

◆参加ミュージシャン: Tommy Funderburk(vo), Bob Wilson(ds), Larry Williams(k, sax)
with Michael Landau/Dan Huff(g), Larry Klein(b), Casey Young(sy), Paulinho Da Costa(per), Bill Champlin/Bob Carlisle(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/03/11 18:56 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/547-7cec7615
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター