音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Bill Withersの1977年のアルバム『Menagerie』。
Bill Withers / Menagerie (1977年)
Bill Withersは70年代のソウル、R&Bシーンで活躍したシンガー・ソングライター。デビューして間もなく、「Ain't No Sunshine」(71年, Billboard Hot 100チャートの3位)、「Lean on Me」(72年, 同1位)、「Use Me」(72年, 同2位)の3曲を立て続けにヒットさせ、「Ain't No Sunshine」ではグラミー賞の「Best Rhythm & Blues Song」を受賞した。この頃のBill Withersには、素朴で内省的なシンガー・ソングライターという印象がある。

その後しばらくはヒットから遠ざかるが、81年にサックス奏者であるGrover Washington, Jr.の「Just The Tow Of Us / クリスタルな恋人たち」のヴォーカルに抜擢され、これがチャートの2位となる久びさのヒットを記録。グラミー賞の「Best Rhythm & Blues Song」を再び受賞した。この時のBillは、大人の色香を漂わせるスタイリッシュなブラック・コンテンポラリー・シンガーに変わっている。

本作はBill Withersの通算6枚目のスタジオ・アルバム。Billが洗練という方向性を明確に示したのは恐らく本作であろう。内省的な曲はなく、洗練されたサウンドと心地よいグルーヴ、アダルトな歌唱を聴かせる楽曲がずらりと並ぶ。動物のキャラクターの中で笑顔を見せるフロント・カヴァーのように、明るくリラックスしたアルバムだ。

ポップでチャーミングな「Lovely Day」はチャートの30位をマークし、まずまずの成績。この曲は90年代終わりのGAPのCMに使われて、Bill Withersの代表曲の一つとなった。

ラテン・フレイヴァーの「I Want to Spend the Night」や「Tender Things」は、まるで避暑地で聴く音楽のような心地よさ。一方、濃厚なメロウネスの香るラストの「Let Me Be the One You Need」は、とてもロマンティック。この曲の持つ "都会の夜の大人の世界" 的なムードは、1985年のアルバム『Watching You Watching Me / 愛の情景』にも共通する。

「Lovely Day」は様々なアーティストにカヴァーされている。最近では、今年の2月26日に開催された2017年アカデミー賞授賞式のパフォーマンスにおいて、Justin Timberlakeが映画『Trolls』の主題歌となった「Can't Stop the Feeling!」に続けて、この「Lovely Day」を歌っている。

●収録曲
1. Lovely Day - 4:15
2. I Want To Spend The Night / 今宵を君と - 3:41
3. Lovely Night For Dancing - 5:51
4. Then You Smile At Me - 4:54
5. She Wants To (Get On Down) - 3:15
6. It Ain't Because Of Me Baby - 3:31
7. Tender Things - 5:02
8. Wintertime - 3:17
9. Let Me Be The One You Need - 4:44


◆プロデュース: Bill Withers(vo, g, k), Keni Burke(b), Clarence McDonald(k), Clifford Coulter(k, sy)

◆参加ミュージシャン: Dean Grant(k), Ray Parker, Jr.(g), Jerry Knight(b), Ralph MacDonald(per), Alvin Taylor/Russ Kunkel(ds), Mike Jones(sy), Pat Hodges/Denita James/Jessica Smith(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/03/12 16:11 Soul / R&B(70年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/548-8cfc8054
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター